【スペック】全長×全幅×全高=4730×1790×1485mm/ホイールベース=2710mm/車重=1670kg/駆動方式=4WD/2.5リッターV6 DOHC24バルブ(198ps/6800rpm、24.9kgm/3000rpm)/価格=545.0万円(テスト車=568.1万円/フロントパーキングコントロール=6.3万円/プレミアムサウンドパッケージ=16.8万円)

ジャガーXタイプ2.5 V6 SEエステート(5AT)【短評(前編)】

最良のXタイプ(前編) 2004.07.28 試乗記 ジャガーXタイプ2.5 V6 SEエステート(5AT)……568.1万円2004年7月17日から、日本での販売が始まった「ジャガーXタイプエステート」。Xタイプセダンを日ごろのアシにする『webCG』エグゼクティブディレクターは、ワゴンボディをどう見るのか? 箱根からの報告。

 
ジャガーXタイプ2.5 V6 SEエステート(5AT)【短評(前編)】
(写真=ジャガージャパン)
 
ジャガーXタイプ2.5 V6 SEエステート(5AT)【短評(前編)】

2.5 SEエステートがベスト

これで『webCG』上で「Xタイプエステート」を書くのは2回目である。前回は春にフランスで試乗したMTの3.0だった(http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000015169.html)。
今回は、予定より早く日本導入が決まったモデルに試乗できた。
日本仕様は「2.0 V6 SE」と「2.5 V6 SE」、ともに5ATという2種となった。これはこれで賢明な選択だと思う。FWD(前輪駆動)で廉価版の「2.0 SE」と、4WDで中間車種の「2.5 SE」。この2つがあれば、マーケットの大半はカバーできるし、Xタイプの2つの使命を果たせるからだ。
ひとつはジャガーらしさを備えつつ、特有の軽快さを訴求しつつ、しかも比較的買いやすく市場に提供すること。もうひとつは、ジャガー最初の量産4WDとしての「X」の意義をアピールできるということである。

箱根で開かれたプレス試乗会では、時間の関係で、試乗できたのは2.5 SEの方だけだったが、2リッターV6に乗ったwebCGスタッフの印象もまじえて、2.0 SEもそれなりに想像できる。そして個人的には、現在のジャガーXタイプラインナップのなかで、2.5 SEエステートがベストバイと断言できる。

(写真=ジャガージャパン)
 
ジャガーXタイプ2.5 V6 SEエステート(5AT)【短評(前編)】

 
ジャガーXタイプ2.5 V6 SEエステート(5AT)【短評(前編)】

驚いたこと

それには2つの理由がある。まず、Xタイプ2.5 V6 SEエステートが−−いうまでもなく−−ジャガー中唯一のワゴンボディを持つこと。そして他の上級ジャガーとは異なり、「トラクション4」と呼ばれる、常時4WDを備えるということである。
つまり2.5 V6 SEエステートは、「XJ」も「XK」も持ち得ない、独自の価値を備えたジャガーであり、しかもセダンのデビュー後3年以上を経たいま、大きく改善されてきたXタイプの美点をそのまま受け継いで、立派なジャガーネスさえ感じさせるようになったモデルなのである。
「低速での乗り心地のざらつき感」「比較的大きなロードノイズ」「スポンジーで不安感を与えるブレーキ」「細部の仕上げ水準の低さ」「電子制御系統の小さなトラブル」「やや反応の鈍い5AT」、これらがデビュー時期のXタイプの弱点だった。

すでにその多くは、3年目を迎えたセダンで解消されていることを知っている。たとえば個人的にはもっとも不満だったブレーキは、文字通り年を追うごとに改善され続け、最近ではほぼ8割方満足できるものになった。
細部の仕上げ水準も、やはり3年間でずいぶん変わったし、電子系もかなり経験が活かされて、つまらないトラブルは減ってきた。

でも、今回エステートに乗って驚いたのは、乗り心地やロードノイズなど、快適性の大きな向上だった。

(写真=ジャガージャパン)
 
ジャガーXタイプ2.5 V6 SEエステート(5AT)【短評(前編)】

ボディの見直し

実はこれは、ワゴンボディではとても難しいことである。リアのバルクヘッドがないうえ、開口部が広いから、どうしてもボディを強化しなければならない。また、荷物を積むから、後輪荷重変動が激しい。そのため、サスペンションのセッティングを多少は硬くする必要がある。また荷室との仕切りがないから、客室からキャビンに後輪からのロードノイズが伝わりやすい。プロペラシャフトをはじめとする機械部分が多い4WDモデルでは、特に快適性を上げるのは難しい。

それがXタイプエステートでは、セダンより静かで、しかも試乗車はスポーツオプションの「225/45R17」というピレリのPゼロ(標準は205/55R16)を履いていたにもかかわらず、低速での乗り心地も、振動・騒音も驚くほど遮断されていた。
そして速度を上げるにつれて、ほどよいソフトネスが相まって、いわゆるジャガー・ライドをもたらしてくれる。

実はフランスでの試乗会で設計者と会ったときに聞いたのだが、このボディはBピラーより後ろは、600点に近い新パーツが使われている。そのうえ、だ、特にフロアの共振設計やサスペンションの見直しは、相当徹底的にやったという。その過程で、旧来のセダンが持っている弱点もいくつかみつかり、エステートのボディを設計したおかげで、セダンの方も大きく改善できたのだという。
「ワゴンボディはとても挑戦的だったから、そこから得られたものはとても大きかった」と、そのとき会ったエンジニアは語っていた。(後編につづく)

(文=webCG大川悠/写真=荒川正幸・ジャガージャパン/2004年7月)

ジャガーXタイプ2.5 V6 SEエステート(5AT)(後編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000015533.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXタイプ 2.0 V6 SEエステート【ブリーフテスト】 2004.8.19 試乗記 価格=524万6500円
    総合評価……★★★★

    ライフスタイルアイテムとして、実用車として市民権を得たワゴン市場に、高級サルーンで知られるジャガーが送り込んだ「Xタイプエステート」。2.1リッターのベーシックグレードに乗った、自動車ジャーナリスト生方聡は何を感じたか?


  • ジャガーXタイプ2.5 V6 SEエステート(5AT)【短評(後編)】 2004.7.29 試乗記 ジャガーXタイプ2.5 V6 SEエステート(5AT)
    ……568.1万円

    日本でもリリースされた「ジャガーXタイプエステート」。Xタイプ“初期型”セダンを日常のアシとする『webCG』エグゼクティブディレクター、大川悠が箱根で乗って……。


  • ジャガーフルラインナップ試乗会(前編) 2005.11.17 試乗記 英国が誇る格調高きブランド「ジャガー」は、フォード傘下になってからもアイデンティティを保ち続けている。その孤高の輝きは、表面的な言葉で左右されるものではない。それを証明するため、フルラインナップ試乗会の模様を、昨今流行りの方言を交えつつお届けすることにしよう。


  • ジャガーXタイプ2.5 V6 SE(5AT)【試乗記】 2002.8.17 試乗記 ジャガーXタイプ2.5 V6 SE(5AT) ジャガーSタイプを日常の足にして1年半。「リンカーンLSベースなのが見え見え」と感じている小林彰太郎。フォード傘下のジャガーがリリースしたニューモデル第2弾「Xタイプ」はどうなのか? 雨の富士五湖から報告する。 会員コンテンツ「Contributions」より再録。
  • アルファ・ロメオ・アルファ159 3.2 JTS Q4 Q-トロニック ディスティンクティブ(4WD/6AT)【ブリーフテスト】 2007.5.29 試乗記 ……605万2900円
    総合評価……★★★★★

    6段オートマチック「Qトロニック」を搭載した右ハンドル仕様の「159」。3.2リッターV6エンジン+6AT、それにフルタイム4WDの相性は?
ホームへ戻る