【スペック】全長×全幅×全高=4285×1795×1610mm/ホイールベース=2680mm/車重=1440kg/駆動方式=FF/2リッター直4 DOHC16バルブ(156ps/6500rpm、19.2kgm/4000rpm)/価格=201万6000円(テスト車=255万1500円/リアカメラ付き音声認識Honda・HDDナビゲーションシステム+プログレッシブコマンダー=31万5000円/前席i-サイドエアバッグ+サイドカーテンエアバッグシステム=8万4000円/ディスチャージヘッドランプ=5万2500円/Hondaスマートカードキーシステム=5万2500円/雨滴感知ワイパー+親水ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラス=3万1500円)

ホンダ・エディックス20X(5AT)【試乗記】

3×2の理想と現実 2004.07.27 試乗記 ホンダ・エディックス20X(5AT)……255万1500円3列が一般的なミニバンのシートを、3席2列に“席替え”した「ホンダ・エディックス」。センターシート中心のコミュニケーション、走りとユーティリティを実現したというニューモデルはどうなのか? 自動車ジャーナリストの生方聡が2リッターモデル「20X」に乗った。


ホンダ・エディックス20X(5AT)【試乗記】の画像
後席センターに座る、自動車ジャーナリストの生方聡

後席センターに座る、自動車ジャーナリストの生方聡

「6名様ごあんな〜い」

3席×2列シートで6人乗り。しかも、センターシートはそれぞれ前後スライドして、いままでにないシートレイアウトを楽しめるのが「ホンダ・エディックス」だ。

「シビック」と同じ2680mmのホイールベースと4285mmの全長を持つエディックスは、全幅を100mm、全高を115mmそれぞれ膨らませ、さらに、ルーフの絞り込みを小さくすることで横3人がけを実現した。それゆえ、真正面や真後ろから見ると“四角い感じ”が目立ってしまうが、真横や斜め前から眺めると、意外にスポーティでアクティブな印象。楽しいデザインに仕上がっている。

写真をクリックすると、シートアレンジが見られます。

写真をクリックすると、シートアレンジが見られます。
写真をクリックすると、2列目シート&荷室のアレンジが見られます。

写真をクリックすると、2列目シート&荷室のアレンジが見られます。


ホンダ・エディックス20X(5AT)【試乗記】の画像

3×2の“V字レイアウト”

なんといっても興味の的は「3×2」(スリーバイツー)のシートである。しかも、ただ横に3つ席を並べるのではなく、中央を後ろへスライドさせることで“V字レイアウト”を可能にしたのがミソだ。
そのメリットはいろいろ考えられるが、たとえば、フロントセンターを一番後ろにスライドさせれば、チャイルドシート(前向き)を装着できるので、親子のコミュニケーションが図りやすくなる。仲間5〜6人なら、フロントセンターを中心に全員が会話に参加できる。3列シートのミニバンだとなかなかそうはいかないのだ。

けれども、実際にフロントのセンターシートに陣取ってシートを後ろに下げてみると、両側席のバックレストが邪魔をして肩まわりが狭まり、肘の置き場にも困る。窮屈さは否めない。エコノミークラスで両脇を体格のいい人に囲まれた……みたいな感じだ。また、フロントセンターを一番後ろに下げた場合、リアセンターのレッグスペースはないに等しいうえ、フロントセンターのバックレストが後席の前方視界を遮るのも気になった。

一方、前2人、後ろ3人で乗車するなら、両側に比べて狭いリアセンターでも大人が普通に座ることができるのはうれしい。ヘッドレスト、3点式シートベルトも備わる。おかげで、後席に2人分のチャイルドシートと大人1人、あるいは、3人分のチャイルドシートを載せても、室内空間に無理がない。フロントセンターのバックレストを前に倒してしまえば視界も広がるから、閉所感も和らぐというものだ。





走りっぷりには満足

走りっぷりについては、2リッターエンジン+5ATを搭載する「20X」は、必要十分な動力性能と快適な乗り心地、そして、軽快とまではいかないが、安心してステアリングを握ることのできる安定した身のこなしを備えていた。
同時に試乗した、1.7リッターエンジン搭載の「17X」はやや非力な印象であるが、20X、17Xとも走るという機能について、とくに不満はなかった。

それだけに、煮詰め切れていない感がある6人乗りコンセプトが惜しい。V字レイアウト、6人乗りをウリにするエディックスだが、乗員全員を快適に運ぶなら、5人乗車が適当だろう。ちなみに、後席を畳まなくてもラゲッジスペースは広大だし、リアシートの格納も簡単。ワゴンとしての資質は十分備えているから、“6シーターミニバン”というより、“5+1のワゴン”として付き合うのが現実的だと思う。

(文=生方聡/写真=高橋信宏/2004年7月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る