トゥルーリ、ルノーを離脱

2004.07.27 自動車ニュース

トゥルーリ、ルノーを離脱

F1の2004年シーズンで、ミハエル・シューマッハー以外の唯一のウィナーであるヤルノ・トゥルーリが、今シーズン末でルノーを離脱することが、2004年7月25日、ドイツGP直前に発表された。

今年のモナコで初優勝を遂げたトゥルーリ。“予選一発屋”の汚名を返上し、今シーズンはレースでも安定感を見せていたが、ルノーF1のボスで自身のマネージメントも担当するフラヴィオ・ブリアトーレと折り合いがつかなかったようで、今シーズン限りでチームを離れることが決まった。

トゥルーリの移籍先の最有力候補はトヨタ。既に来シーズンのトヨタ入りが決まっているラルフ・シューマッハーとタッグを組むのでは、とウワサされる(来年のトヨタは、ややメンタル面に弱そうな2人となりそう!?)。

一方、ルノーの空いたシートに座る、フェルナンド・アロンソのチームメイトだが、こちらは現ザウバー・ペトロナスのベテランで、1998-2001年にルノーに在籍したジャンカルロ・フィジケラの名前があがっている。

(webCG 有吉)

 
トゥルーリ、ルノーを離脱の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。