ヤナセ、VW車を取り扱う専売子会社を設立

2004.07.27 自動車ニュース

ヤナセ、VW車を取り扱う専売子会社を設立

輸入車販売大手のヤナセは、フォルクスワーゲン車を専門に取り扱う子会社「ヤナセヴィークルワールド」の設立を、2004年7月26日に発表した。営業開始は、2005年春の予定。

ヤナセは、フォルクスワーゲングループジャパンとディーラー契約を締結し、新会社「ヤナセヴィークルワールド」を設立した。13年ぶりに、ヤナセがVW車を正式に取り扱うことになる。
同社の営業開始は、2005年春の予定。東京都新宿区に営業拠点を開設し、VW車の販売およびアフタ−サービスを行う。

ヤナセは近年、新・中古車販売やパーツ供給、アフターサービスなど幅広く手がける「メガディーラー戦略」を展開中。大規模中古車販売店などを開いている。「ヤナセヴィークルワールド」もその一環で、ヤナセの輸入車販売の経験と実績を活かし、東京新宿副都心地区を中心にVW車の拡販を目指すという。

(webCGオオサワ)

ヤナセ:
http://www.yanase.co.jp/
フォルクスワーゲングループジャパン:
http://www.volkswagen.co.jp/

 
ヤナセ、VW車を取り扱う専売子会社を設立の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。