【Movie】トヨタ、助手席に電動スライドドアを持つ新型「ポルテ」発売

2004.07.26 自動車ニュース
 
【Movie】トヨタ、助手席に電動スライドドアを持つ新型「ポルテ」発売

【Movie】トヨタ、助手席に電動スライドドアを持つ新型「ポルテ」発売

トヨタ自動車は、全長4m未満の新型コンパクトワゴン「ポルテ」を、2004年7月26日に発売した。


トヨタ自動車の張富士夫社長と「ポルテ」を囲む報道陣。
 
【Movie】トヨタ、助手席に電動スライドドアを持つ新型「ポルテ」発売

■助手席に電動スライドドア

「Smart Life Supporter」をコンセプトとする「ポルテ」。フランス語で「扉」を意味するネーミングが示す通り、特徴はドアにある。

全車、助手席側にワイヤレスで作動する電動スライドドアを採用。地上高300mmの低床フラットフロア、1390mmの室内高などにより、誰もが使いやすい「ユニバーサルデザイン」のアイディアと、“クルマの新しい使い方”を提案する、という。



 
【Movie】トヨタ、助手席に電動スライドドアを持つ新型「ポルテ」発売

大開口を謳うワイヤレス電動スライドドアは、開口幅1020mm、同高さ1265mm。「従来の『乗員はそれぞれのドアから乗り込む』『荷物は人の乗り降りとは別のドアから積み下ろしをする』といった概念にとらわれない、画期的な乗降性・使用性を実現」(プレスリリース)する。


1390mmの室内高は、大型ミニバン「アルファード」と同じ。助手席は、前後に750mmスライドでき、前後席の最大距離は、「セルシオ」(1035mm)を上まわる1050mmを実現した。
 
【Movie】トヨタ、助手席に電動スライドドアを持つ新型「ポルテ」発売

全長×全幅×全高=3990×1690×1720mm、ホイールベース=2600mmと、「ファンカーゴ」(3880×1665×1700、2500mm)よりひとまわり大きなサイズ。エンジンは、1.3リッター(87ps、12.3kgm)と1.5リッター(109ps、14.4kgm)、2種類の「VVT-i」ユニットで、4段AT「Super ECT」と組み合わせられる。駆動方式はFF、つまり前輪駆動のみだ。

グレードは3タイプとシンプル。1.3リッターはベーシックな「130i」(138.6万円)と、電動格納式カラードドラミラーや6:4分割可倒式リアシート、オートエアコンなどが備わる「130i Cパッケージ」(149.1万円)、そして1.5リッター「150r」(157.5万円)となる。



 
【Movie】トヨタ、助手席に電動スライドドアを持つ新型「ポルテ」発売

また、福祉車両「ウェルキャブ」として、「助手席リフトアップシート車」、助手席位置に脱着シートあるいは専用車いすで乗車できる「サイドアクセス車」なども用意する。

手を変え品を変え、あらゆる商品を展開するトヨタ。ニューモデルの月の目標販売台数は4000台という。

(webCG 有吉)


ワイヤレスで作動する電動スライドドアの実演シーンも、収録されてます。
 
【Movie】トヨタ、助手席に電動スライドドアを持つ新型「ポルテ」発売

「どうしたらクルマをもっと楽しく使っていただけるか、徹底的に研究した」(張富士夫社長)というニューモデル「ポルテ」。発表会で、トヨタ自動車の張富士夫社長によるプレゼンテーションと、上映されたTVCFを動画でご覧ください。

【もっと楽しく使える方法を……】


(撮影/編集=カネヨシ)
 



 
【Movie】トヨタ、助手席に電動スライドドアを持つ新型「ポルテ」発売

トヨタ自動車「ポルテ」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/porte/

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • トヨタ・オーリス ハイブリッド“Gパッケージ”(FF/CVT)【レビュー】 2016.5.11 試乗記 日本市場ではこれがないと始まらない? トヨタのCセグメントハッチバック車「オーリス」にハイブリッドモデルが登場。JC08モード計測で30.4km/リッターという燃費を実現する、新たな最上級グレードの出来栄えを報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
ホームへ戻る