三菱、「ラリー・ジャパン」参加せず、来季に向けてWRC活動強化

2004.07.26 自動車ニュース

三菱、「ラリー・ジャパン」参加せず、来季に向けてWRC活動強化

三菱自動車は、2004年7月23日、2004年のWRC(世界ラリー選手権)ワークス参戦を、8月の第10戦ドイツで打ち切ると発表。9月に行われる待望の日本ラウンド「ラリー・ジャパン」以降には出場せず、2005年のWRカー「ランサーWRC」の開発に注力することを明らかにした。

プレスリリースによれば、今回の決定は、2006年までのWRC活動3ヵ年計画を確実なものとするための、「近い将来の勝利に向けた最適の手段」(貴島彰モータースポーツ活動責任者)。三菱がWRCから完全撤退することを意味するものではないという。

リコール問題など、イメージが悪化していることへの対処とも推測できるが、日本で初めて開催されるワールドラリーの舞台で、三菱のワークスマシンが見られないのは残念だ。

(webCGオオサワ)

三菱自動車:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。