IRLミルウォーキー、フランキッティがシリーズ初V

2004.07.26 自動車ニュース

IRLミルウォーキー、フランキッティがシリーズ初V

IRLインディカーシリーズ第9戦決勝が、2004年7月25日、アメリカ最古のオーヴァルコース、ウィスコンシン州のミルウォーキー・マイル(1マイル/約1.6km)を225周して行われた。スコットランド人ダリオ・フランキッティが、シリーズ初優勝を遂げた。
フランキッティは、昨2003年からIRLフル参戦を開始。しかし、シーズン序盤の4月にバイク事故を起こし、デビューイヤーは3レースで終わっていた。

フランキッティを含め4人のドライバーを擁するアンドレッティ・グリーン・レーシングチームは、ポイントリーダーのトニー・カナーン、ランキング3位のダン・ウェルドン、そしてフランキッティと、3人のウィナーを輩出。9戦して6勝と、好調さを堅持している。

今回2位に終わったのは、これまた波に乗っているインディアナポリス500勝者、バディ・ライス。上位2台のホンダエンジンユーザーのあとに、トヨタのパワーユニットを駆るサム・ホーニッシュJr.が3位につけた。

松浦孝亮は10位完走、高木虎之介はエンジントラブルでレース半ばに戦列を去った。

このレースを4位でゴールしたカナーンが、ポイントを357点とし引き続きランキングトップ。2位ライスとの差は64点ある。

次戦決勝は8月1日、2マイルのミシガンが戦いの場となる。

(webCG 有吉)

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。