【スペック】206スタイル:全長×全幅×全高=3835×1670×1440mm/ホイールベース=2440mm/車重=1000kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4 SOHC8バルブ(74ps/5500rpm、12.2kgm/2600rpm)/価格=176万9250円(テスト車=同じ)

プジョー2004北海道ツーリング(後編)【試乗記】

プジョー2004北海道ツーリング(後編) 2004.07.25 試乗記 プジョー206スタイル(5MT)……176万9250円プジョー北海道プレスツアーの最後に乗るのは、わが国におけるエントリーモデル「206スタイル」。『webCG』コンテンツエディターのアオキは、意外な……!?

206の復習

「プジョー206」シリーズのラインナップは豊富だ。ボディは、3/5ドアハッチ、「SW」ことワゴン(3列シートモデルはない)、そして「CC」の3種類。エンジンは、1.4(74ps/5ドアハッチのみ)、1.6(108ps)、2リッター(137ps/3ドアハッチは177ps)が用意される。
ハッチバックとCCには「ローランギャロス」と呼ばれる、緑とタンの革内装を奢った特別仕様がカタログに載り、206ワゴンたるSWには「Quicksilver」が加わった。ルーフレールをシルバーに塗り、シート地の一部にウェットスーツ調の素材を用いたり、天井側面寄りにつくアシストクリップをタフに演出したりと、ファッションブランド「Quicksilver」とのコラボレーションを謳うモデルだ。231万円。
そのほか、シートをファブリックにしながらカラーバリエーションを増やした廉価版206CC「Color Line」が設定されたのがニュース。レザーシートの206CCより27万9000円安い265万円のプライスタグが付く。

さて、プレス試乗ツアー最後の1台は、「206スタイル」。1.4リッターに5段MTを組み合わせたわが国におけるエントリーモデルで、価格は176万9250円。1990年に売られた「205XS」が173万円だったから、ずいぶんリーズナブル!?

プジョーのよさ

1.4シングルカムのアウトプットは、74psと12.2kgm。ひと世代前の弟分「106XSi」でも100psと13.5kgmの1.6だったから、「“走り”はいかがなものか?」と心配したが、杞憂でした。いや、絶対的には“速くない”のかもしれないが……。
ボディペイントと同じ「青」を織り込んだザックリしたファブリックシートに座り、さほど上までは回りたがらないが、フィールの軽いSOHCを3000rpm前後において、ストロークは大きいが、これまた操作が軽い5スピードギアを繰って走る。楽しい。「175/65R14」と控え目なサイズのタイヤも好印象で、足どり軽やか。プレスツアー最後にして、ようやく“プジョーの猫足”に出会えた気分だ。

小排気量エンジンをMTでビンビン回して1トンジャストのボディを駆ることに“活き活きとしたヨロコビ”を感じるのは、もしかしたら古くさいことかもしれない。それでも、206スタイルには「プジョーのよさが凝縮されている」と思った。
プジョージャポンが、販売を拡大したいと考える、206や307のSW、CCは、たしかに贅沢なクルマだけれど、本国では特殊な部類に入ろう。だから、彼の地の“普通”にもっとも近い206スタイルに、色濃いプジョーを感じるのは当たり前かもしれない。願わくば、206スタイルのマニュアルモデルが、継続的に販売されんことを!

(文=webCGアオキ/写真=郡大二郎/2004年7月)

プジョー2004北海道ツーリング(前編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000015507.html
プジョー2004北海道ツーリング(中編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000015513.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。