第149回:済州島で「現代TUCSON」に乗ってわかった 迫りくる韓国メーカーの恐怖!

2004.07.23 エッセイ

第149回:済州島で「現代TUCSON」に乗ってわかった 迫りくる韓国メーカーの恐怖!

 
第149回:済州島で「現代TUCSON」に乗ってわかった 迫りくる韓国メーカーの恐怖!の画像
【スペック】
2リッターディーゼル:全長×全幅×全高=4325×1830×1680mm/ホイールベース=2630mm/駆動方式=4WD/2リッター直4コモンディーゼル(112ps/4000rpm、25.0kgm/1800〜2500rpm)
【スペック】
	2リッターディーゼル:全長×全幅×全高=4325×1830×1680mm/ホイールベース=2630mm/駆動方式=4WD/2リッター直4コモンディーゼル(112ps/4000rpm、25.0kgm/1800〜2500rpm)
 
第149回:済州島で「現代TUCSON」に乗ってわかった 迫りくる韓国メーカーの恐怖!の画像

■ちと及ばない感じだけど……

韓国の沖縄、済州島に初めて行ってきました。といっても別に観光じゃなくてね。現代(ヒュンダイ)の新型コンパクトSUV「TUCSON」(ツーソン)の試乗で。
2004年9月に日本に入ってくるときは「JM」って名前になるらしいけど、要するに「ホンダCR-V」の韓国版ともいうべき5人乗りSUV。既に日本にも入ってる現代サンタフェのショート版みたいな位置付けだ。

簡単に言って安心した部分と、恐怖に思った部分がありましたね。まず安心したのは質感。インテリアとかはやっぱ今ひとつなのよ。一緒に乗った日本のジャーナリストも言ってたけど「日本の軽自動車レベル」。プラスティッキーさは、スズキかダイハツの「軽」ぐらいで、造形もやや大雑把。トヨタ、ホンダにはちと及ばない感じだ。ふぅ〜、なんとなくひと安心。
走りもね。かなり乗用車的で、ステアリングもシャープだけど、物凄くしっとりしてるとか、高級感があるわけじゃない。

 
第149回:済州島で「現代TUCSON」に乗ってわかった 迫りくる韓国メーカーの恐怖!の画像
 
第149回:済州島で「現代TUCSON」に乗ってわかった 迫りくる韓国メーカーの恐怖!の画像

■販売台数は7位

「なんだ、じゃべつに脅威じゃないじゃん!」なんていうなかれ。そんなことは全然ないのだ。
まずは現代って今、世界で何位だか知ってる? 02年の世界販売だと7位。年間300万台弱でホンダを抜いてるのよ。98年は130万台で12位だったんで、急速にキャッチアップしてきてる。
ポイントは価格の安さと、次から次へと新製品を投入してくる開発スピード。実はツーソン以降も、半年に1台のペースで新車を6台投入する予定だそうで、つまり、薄型TVで世界を制した朋友サムソン電子に似たパワーを持つ。製品クオリティじゃ、もう一歩の部分もあるけど、スピードとコスト競争力じゃ世界レベルなのよ。

聞けばそのヘンは、97年の韓国の貨幣危機で、会社の体質が変わったのが原因らしく、株主の声が経営方針により強く反映されるようになってんだって。逆にそのあたり、日本の自動車メーカーは弱い。会議に時間かけてるうちに戦略で追い越される! ってな具合。
品質自体もね。スタイルに関しては急速に良くなってる気がした。先輩格の「サンタフェ」はややボヨンと膨らみすぎた、いかにも韓国車風のしまらないデザインだったけど、ツーソンは全長を縮め、左右にシャープなプレスラインを入れて、かなりインターナショナルなテイストになってる。

 
第149回:済州島で「現代TUCSON」に乗ってわかった 迫りくる韓国メーカーの恐怖!の画像
 
第149回:済州島で「現代TUCSON」に乗ってわかった 迫りくる韓国メーカーの恐怖!の画像
済州島の名物は黒ブタ。マジ、うまい。安い! これだけでも行く価値ありって感じ。島は沖縄ほど歴史的な情緒は感じなかったけど……ね。
済州島の名物は黒ブタ。マジ、うまい。安い! これだけでも行く価値ありって感じ。島は沖縄ほど歴史的な情緒は感じなかったけど……ね。

■日本市場は“勉強”

中身に関しても2.7リッターV6 (173ps/6000rpm、24.6kgm/4000rpm)、2リッター直4(140ps/6000rpm、18.8kgm/4500rpm)のガソリン2種類と2リッター直4のディーゼル(112ps)1種類があるんだけど、実はディーゼルに一番力を入れてるようで、振動少なく、黒煙少なく、音小さめで、パワーもよく出てた。
明らかにヨーロッパ狙いで、方針としては正しいような気がしたなぁ。
価格も2リッターモデルで170万円ぐらいからと、明らかに日本車より20万円は安い。

それにね。実は日本市場は“勉強”と割り切ってて、極端なハナシ、あまり売れなくてもいいんだってさ。それよりネチネチ品質を問われることで実力を上げて行こうという方針。メインは当然、アメリカ市場。
で、実際、こういっちゃなんだけど、アメリカ人の感覚ならこれくらいの質感で十分だと思うんだよね。デザインも十分カッコいいし。
このカタチ、実用性で安くて信頼性が高いんなら、買う人も多いはず。向こうの人にとっちゃ、日本人だろうが韓国人だろうが、どっちも同じようにみえるんだろうし。

ってなわけで、韓国と日本メーカーの差は、俺たちが思ってるよりずーっと小さい。たしかに燃料電池、ハイブリッドじゃアドバンテージあるけど、ヘタするとすぐ追い越されるかもよ! すでに、中国市場を舞台とした、次なる大きなシェア争奪戦争も始まってるし。
女子プロゴルフで、いつの間にやらパク・セリやグレース・パクがトップレベルに来たように、いつ韓国メーカーがトップ争いに加わるともかぎらない……。
結構、恐怖を憶えた試乗会でありました。

(文と写真=小沢コージ/2004年7月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』