第148回:パッソで浦和レッズを見に行ってわかった!お気楽グルマの心地よさ

2004.07.23 小沢コージの勢いまかせ!

第148回:パッソで浦和レッズを見に行ってわかった!お気楽グルマの心地よさ

 
第148回:パッソで浦和レッズを見に行ってわかった!お気楽グルマの心地よさの画像
 
第148回:パッソで浦和レッズを見に行ってわかった!お気楽グルマの心地よさの画像

■オラがチームを応援するダ!

というわけでお次はインプレッションをば。
たまたまチケット貰ったんで、トマト色の「トヨタ・パッソ」1リッターモデルでJリーグ最終戦を見てきました。「浦和レッズ」と「FC東京」との一戦。場所は埼玉スタジアム2002。

試合は結構面白かったんだけどね。内容というより「オラがチームを地元で応援」する気持ちがなんとなくわかりました。とにかく気楽なのよ。
スタジアムは住宅地から近いし、田舎っぽいうえ適度に空いてて、チャリンコ乗って子供連れで見に来てる人も多い。河原でビール飲みながら、草サッカーでも見てる感じ。それでいて試合のレベルが高いぶん楽しいという……おっと、話がそれちゃいましたね。

 
第148回:パッソで浦和レッズを見に行ってわかった!お気楽グルマの心地よさの画像
 
第148回:パッソで浦和レッズを見に行ってわかった!お気楽グルマの心地よさの画像

■お気楽さにつながる

さて、肝心のパッソだけど、高速、一般道の両方を往復してヒトコト。これは「大きな軽自動車」ですね。いい意味で。これまた凄くお気楽なクルマなのだ。さすがはダイハツ(パッソはトヨタだけど)、つまり軽メーカーがつくったクルマというべきか、ステアリングやエンジンのフィールが若干薄い。
おそらくコストの関係でタイヤなどにあまりお金をかけられなかったのと、エンジンは長距離乗ると、3気筒特有の味の薄さが見えてきちゃうからなんだろうけど、それでいてボディはそこそこ大きいし、しっかりしてるから、まさしくリッタカーと軽の中間ぐらいの手ごたえ。ある意味、理想的な“お買い物グルマ”だと思いました。

 
第148回:パッソで浦和レッズを見に行ってわかった!お気楽グルマの心地よさの画像
 
第148回:パッソで浦和レッズを見に行ってわかった!お気楽グルマの心地よさの画像

っていうか、味が薄いってのもまんざら悪いもんじゃない。ボディさえしっかりしていれば、それはお気楽さに繋がる。その昔とあるエンジニアが「本来、軽は800ccエンジンぐらいの方がバランスがとれる」と言ってたのを思い出しました。排気量が660ccしかないと、パワー出すのに回転数上げなきゃいけないんで、逆に非効率だというのだ。
つまり、今の1トンぐらいの車重のクルマには、800cc程度の排気量が合ってると。要するに「軽的つくりのリッタカー」、パッソ&ブーンはそういう感じよ。
デザイン的にも、適度にマッチョに膨らんでて、可愛さと力強さが共存してる。室内もヴィッツより短いボディなのに、ヴィッツより広い。リアシートの居住性やインテリアのモノ入れは軽のレベルを超えてて、まさに過不足なし。

なんかある種の“黄金率”みたいなのを感じましたね。「日本ではこれくらいでちょうどいいな……」、みたいな。もしやそれが当面のヒットの原因では?
そんな風に思ったお気楽サッカー観戦ドライブでした。

(文と写真=小沢コージ/2004年7月)

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • トヨタ・オーリス ハイブリッド“Gパッケージ”(FF/CVT)【レビュー】 2016.5.11 試乗記 日本市場ではこれがないと始まらない? トヨタのCセグメントハッチバック車「オーリス」にハイブリッドモデルが登場。JC08モード計測で30.4km/リッターという燃費を実現する、新たな最上級グレードの出来栄えを報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
ホームへ戻る