「スズキ・エリオ」シリーズ、一部改良

2004.07.21 自動車ニュース

「スズキ・エリオ」シリーズ、一部改良

スズキは、乗用車「エリオ」と「エリオセダン」を一部改良し、2004年7月20日から販売を始めた。

今回の改良では、1.8リッターモデルのフロントグリルやバンパーなどのデザインを変更して、エクステリアをよりスポーティに演出。さらに、5ドア車の全モデルでリアコンビネーションランプをクリアレンズとし、リアワイパーには間欠機構を採用、質感の向上を図った。また1.5リッター+FFモデルは、「平成17年排出ガス基準50%低減レベル」の認定を受けた。

価格は、ハッチバック「エリオ」が1.5リッター(FF)の146万7900円から1.8リッター(4WD)の171万9900円まで。「エリオセダン」は、1.5リッター(FF)の144万6900円から、1.8リッター(4WD)の169万8900円まで。

(webCGオオサワ)

スズキ:
http://www.suzuki.co.jp/

 
「スズキ・エリオ」シリーズ、一部改良の画像

関連キーワード:
エリオスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記
  • 「水野和敏的視点」 vol.30 「スズキ・スイフトスポーツ」 2013.12.27 mobileCG