「スズキ・エリオ」シリーズ、一部改良

2004.07.21 自動車ニュース

「スズキ・エリオ」シリーズ、一部改良

スズキは、乗用車「エリオ」と「エリオセダン」を一部改良し、2004年7月20日から販売を始めた。

今回の改良では、1.8リッターモデルのフロントグリルやバンパーなどのデザインを変更して、エクステリアをよりスポーティに演出。さらに、5ドア車の全モデルでリアコンビネーションランプをクリアレンズとし、リアワイパーには間欠機構を採用、質感の向上を図った。また1.5リッター+FFモデルは、「平成17年排出ガス基準50%低減レベル」の認定を受けた。

価格は、ハッチバック「エリオ」が1.5リッター(FF)の146万7900円から1.8リッター(4WD)の171万9900円まで。「エリオセダン」は、1.5リッター(FF)の144万6900円から、1.8リッター(4WD)の169万8900円まで。

(webCGオオサワ)

スズキ:
http://www.suzuki.co.jp/

 
「スズキ・エリオ」シリーズ、一部改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エリオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
ホームへ戻る