「スズキ・エリオ」シリーズ、一部改良

2004.07.21 自動車ニュース

「スズキ・エリオ」シリーズ、一部改良

スズキは、乗用車「エリオ」と「エリオセダン」を一部改良し、2004年7月20日から販売を始めた。

今回の改良では、1.8リッターモデルのフロントグリルやバンパーなどのデザインを変更して、エクステリアをよりスポーティに演出。さらに、5ドア車の全モデルでリアコンビネーションランプをクリアレンズとし、リアワイパーには間欠機構を採用、質感の向上を図った。また1.5リッター+FFモデルは、「平成17年排出ガス基準50%低減レベル」の認定を受けた。

価格は、ハッチバック「エリオ」が1.5リッター(FF)の146万7900円から1.8リッター(4WD)の171万9900円まで。「エリオセダン」は、1.5リッター(FF)の144万6900円から、1.8リッター(4WD)の169万8900円まで。

(webCGオオサワ)

スズキ:
http://www.suzuki.co.jp/

 
「スズキ・エリオ」シリーズ、一部改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エリオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2012.3.13 試乗記 スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)
    ……174万3000円

    従来型ではMT仕様の販売比率が7割に上ったという「スイフトスポーツ」。これはスポーツカー好きのノスタルジアか? それとも現実派のロジカルな選択か? ワインディングロードで考えた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/CVT)【試乗記】 2012.2.12 試乗記 スズキ・スイフトスポーツ(FF/CVT)
    ……183万2250円

    「スイフトスポーツ」に追加されたCVT仕様に試乗。スポーツコンパクトに求める“ファン・トゥ・ドライブ”を感じることはできるのか?
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る