IRLナッシュヴィル、カナーン3勝目

2004.07.20 自動車ニュース

IRLナッシュヴィル、カナーン3勝目

IRLインディカーシリーズ第8戦決勝が、2004年7月17日、米南部テネシー州のナッシュヴィル・スーパースピードウェイ(1.33マイルオーヴァル/約2.13km)を200周して行われた。ホンダエンジン搭載マシンを駆るトニー・カナーンが、今シーズン3勝目をあげた。ホンダは7連勝を達成した。

予選で上位5台をホンダ勢が占拠。決勝では引き続き、ヴィットール・メイラ、バディ・ライスらホンダユーザーがレースを引っ張った。
しかし、113周をリードしたメイラが脱落し、後半トップにたったライスも、177周目にダン・ウェルドンと接触。残るホンダのトップランナーは、カナーンひとりとなった。

予選5位から安定したペースで上位につけていたカナーンは、最後のイエローコーションが明けた残り12周から、トヨタエンジン搭載車のサム・ホーニッシュJr.とつばぜり合いを演じ、結局0.3755差で今シーズン3度目の勝利を手に入れた。

2位はホーニッシュ、3位エリオ・カストロネベスというトップ3。松浦孝亮は9位、高木虎之介は11位でゴールした。

チャンピオンシップでは、カナーンが325点でトップを堅持、今回13位に終わったウェルドンが264点で2位、ライスが253点で3位という順位。カナーンが一歩抜き出たかっこうだ。

次戦決勝は、7月25日。伝統のミルウォーキー・マイルが舞台だ。

(文=webCG 有吉/写真=本田技研工業)

 
IRLナッシュヴィル、カナーン3勝目の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。