「ジャガーXJシリーズ」にロングボディバージョン

2004.07.16 自動車ニュース
 

「ジャガーXJシリーズ」にロングボディバージョン

ジャガージャパンは、フラッグシップサルーン「XJシリーズ」に、ロングホイールベースボディの「XJ L」モデルの追加を発表。2004年7月16日から、先行予約を開始した。



 

「XJ L」は、2004年のニューヨークショーで発表された、125mm長いホイールベースを持つロングボディ版。04年10月の世界同時発売にあわせて、日本にも導入されることが発表された。
わが国で販売されるのは、4.2リッターV8搭載の「XJ8 L 4.2」(1180.0万円)と、スーパーチャージャー付き4.2リッターV8を積む「Super V8 L」(1520.0万円)の2種類だ。

2003年にフルモデルチェンジしたXJシリーズは、リベットと接着剤を使うアルミモノコックボディを採用。従来より剛性や居住性を高めつつ、大幅に軽量化された。今回導入されるロングバージョンは、より広い後席と豊富なアメニティによるラクシャリー性と、軽量ボディによるドライビングプレジャーを両立したと謳われる。
詳細については、「ジャガーコール」(0120-050-689)まで。

(webCGオオサワ)

ジャガージャパン:
http://www.jaguar.com/jp/ja/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XJの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入 2016.9.16 自動車ニュース ジャガーが「XJ」の2017年モデルを発表。新グレードとして「Rスポーツ」を設定したほか、インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を全車に採用。スマートフォンを利用した空調の遠隔操作などを可能とする通信機能を初導入した。
  • 第2回:飛ばせばいいってもんじゃない
    「ジャガーFタイプ」の街乗り性能を試す
    2017.2.23 特集 ジャガーのピュアスポーツカー「Fタイプ」。その動力性能が最大限に発揮される舞台は、ワインディングロードであり、サーキットだろう。では、ごく普通の道でのふるまいはどうか? 普段使いにおける走りの印象を報告する。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
ホームへ戻る