「ジャガーXJシリーズ」にロングボディバージョン

2004.07.16 自動車ニュース
 

「ジャガーXJシリーズ」にロングボディバージョン

ジャガージャパンは、フラッグシップサルーン「XJシリーズ」に、ロングホイールベースボディの「XJ L」モデルの追加を発表。2004年7月16日から、先行予約を開始した。



 

「XJ L」は、2004年のニューヨークショーで発表された、125mm長いホイールベースを持つロングボディ版。04年10月の世界同時発売にあわせて、日本にも導入されることが発表された。
わが国で販売されるのは、4.2リッターV8搭載の「XJ8 L 4.2」(1180.0万円)と、スーパーチャージャー付き4.2リッターV8を積む「Super V8 L」(1520.0万円)の2種類だ。

2003年にフルモデルチェンジしたXJシリーズは、リベットと接着剤を使うアルミモノコックボディを採用。従来より剛性や居住性を高めつつ、大幅に軽量化された。今回導入されるロングバージョンは、より広い後席と豊富なアメニティによるラクシャリー性と、軽量ボディによるドライビングプレジャーを両立したと謳われる。
詳細については、「ジャガーコール」(0120-050-689)まで。

(webCGオオサワ)

ジャガージャパン:
http://www.jaguar.com/jp/ja/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XJの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る