「ジャガーXJシリーズ」にロングボディバージョン

2004.07.16 自動車ニュース
 

「ジャガーXJシリーズ」にロングボディバージョン

ジャガージャパンは、フラッグシップサルーン「XJシリーズ」に、ロングホイールベースボディの「XJ L」モデルの追加を発表。2004年7月16日から、先行予約を開始した。



 

「XJ L」は、2004年のニューヨークショーで発表された、125mm長いホイールベースを持つロングボディ版。04年10月の世界同時発売にあわせて、日本にも導入されることが発表された。
わが国で販売されるのは、4.2リッターV8搭載の「XJ8 L 4.2」(1180.0万円)と、スーパーチャージャー付き4.2リッターV8を積む「Super V8 L」(1520.0万円)の2種類だ。

2003年にフルモデルチェンジしたXJシリーズは、リベットと接着剤を使うアルミモノコックボディを採用。従来より剛性や居住性を高めつつ、大幅に軽量化された。今回導入されるロングバージョンは、より広い後席と豊富なアメニティによるラクシャリー性と、軽量ボディによるドライビングプレジャーを両立したと謳われる。
詳細については、「ジャガーコール」(0120-050-689)まで。

(webCGオオサワ)

ジャガージャパン:
http://www.jaguar.com/jp/ja/

関連キーワード:
XJジャガー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.4.28 試乗記 ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT) ……946万5000円/793万4650円 高級車という“直球勝負”に若干の気恥ずかしさが伴う時代だからこそ、正統派なサルーンに、それもカッコよく乗りたいものである! エンジンのダウンサイジングを済ませて、次世代に備えたジャガーサルーンにあらためて乗る。
  • ジャガーXJシリーズ(6AT)【試乗記】 2003.6.12 試乗記 ジャガー XJシリーズ(6AT)

    前モデルのデザインを踏襲しつつ、アルミ合金モノコックボディの採用などで、大きく中身が変わった「ジャガーXJ」。『webCG』エグゼクティブディレクター、大川 悠が全グレードを試乗し、印象を語る。


  • ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.9.11 試乗記 ジャガーの2ドアクーペ/コンバーチブル「Fタイプ」に、2リッター直4ターボエンジンを搭載した新モデルが登場。ジャガー・ランドローバーの未来を担う新エンジンの出来栄えと、新しい心臓を得たFタイプの走りを、ノルウェーから報告する。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
ホームへ戻る