「メルセデスベンツSL」に最強モデル

2004.07.16 自動車ニュース
 

「メルセデスベンツSL」に最強モデル

ダイムラークライスラー日本は、2座ロードスター「メルセデスベンツSL」に、612psを発生する6リッターV12ツインターボを搭載した「SL65 AMG」を追加。2004年7月14日から販売を開始した。
さらに、5.5リッターV8スーパーチャージャーユニットを積む「SL55 AMG」に、SL65 AMGと同様の外装を付与。同じく、大型オイルクーラーや強化サスペンションなどを装着した「パフォーマンスパッケージ」を追加した。



 

「SL65 AMG」のエンジンは、「SL600」が積む5.5リッターツインターボの排気量を拡大、大型ターボチャージャーやインタークーラーなどを採用したもの。最高出力612ps/4800-5100rpm、最大トルク102kgm/2000-4000rpmという、途方もないアウトプットを誇る。当然のことながら、駆動系やサスペンションも強化した。
エクステリアは、専用デザインのフロントスポイラー、19インチアルミホイールを装着。インテリアは、AMGデザインのナッパレザーシートなど、豪奢に演出される。価格は2740.5万円。

「SL55 AMGパフォーマンスパッケージ」は、2002年F1グランプリに使われた「SL55 AMGセーフティカー」の技術と装備を採り入れたというモデル。
SL65 AMGと同じ、エクステリアのエアロパーツや19インチホイール、大型オイルクーラーや、強化型サスペンション&ブレーキを装備する。ただし、パワーユニットの最高出力&トルクは、ノーマルと変わらない。
価格は、SL55 AMGより147.0万円高い1890.0万円。

(webCGオオサワ)

メルセデスベンツ:
http://www.mercedes-benz.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.6.14 試乗記 可変空力システムの導入、フォージドコンポジットによる軽量化、そして5.2リッターV10ユニットの強化――。ランボルギーニ・ウラカンの新たな高性能モデル「ペルフォルマンテ」の実力を、イタリアのイモラ・サーキットで解き放った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)【試乗記】 2012.10.17 試乗記 メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)
    ……2245万円

    飛ばせば矢のように速く、流せば無類の底力を発揮する「SL63 AMG」。このスーパーロードスターを心地よく走らせるにはどうしたらいい? 初秋の南房総を行く。
  • スポーティーさが際立つ「メルセデスSLC180」の特別仕様車登場 2017.6.20 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年6月19日、オープン2シーター「メルセデス・ベンツSLC」の特別仕様車「SLC180スポーツ RedArt Edition(レッドアートエディション)」を発表。同年8月31日までの期間限定で注文受け付けを開始した。
ホームへ戻る