新型「フィアット・パンダ」発売

2004.07.16 自動車ニュース
 

新型「フィアット・パンダ」発売

フィアットオートジャパンは、フィアットを代表するコンパクトカー「パンダ」の新型を、2004年7月31日から販売する。ベーシックな「パンダ」(157万3950円)と、電動サンルーフなどを付与した「パンダプラス」(169万9950円)の2種類が導入される。


フィアット・パンダ(価格=157万3950円)
 

1980年の初代デビュー以来親しまれてきた、フィアットを代表するコンパクトカー「パンダ」がフルモデルチェンジされた。ニューモデルは、2003年のフランクフルトショーで発表。MPVとして開発された「ジンゴ」をパンダとして発表したため、新型は単なるコンパクトカーでなく、いわゆる“ミニミニバン”的な多様性をウリにする。欧州で2003年9月にリリース、翌年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。日本では、年末までに1000台の販売を目標にする。


フィアット・パンダ プラス(169万9950円)
 

ボディサイズは、全長×全幅×全高=3535×1590×1535mm、ホイールベースは2300mm。兄貴分「プント」よりひとまわり小さいが全高は55mm高く、ミニバン的な方向性がうかがえる。インテリアでは、MPV譲りの広い室内空間、可倒式リアシートによって、206リッターから最大860リッターに拡大できる荷室容量などがジマンだ。
パワートレインは、1.2リッター直4 SOHC(60ps、10.4kgm)に、2ペダル5MT「デュアロジック」の組み合わせ。デュアロジックは、自動変速の「オート」と「マニュアル」、2のモードを設定。オートモードでは「ノーマル」と、燃料消費を抑える「エコノミー」が選べ、またシフトレバーを操作すれば、一時的にマニュアルシフトすることもできる。

コンパクトカーらしく装備はシンプルながら、マニュアル式エアコンやAM/FMチューナー付きCDプレーヤー、パワーウィンドウ、各種警告灯を統合した「マルチファンクションディスプレイ」などは標準。「パンダプラス」は専用装備として、ルーフの約70%がガラス張りとなる「スカイドーム」、5:5分割可倒式リアシート、ISO-FIXチャイルドシートアンカーが備わる。

(webCGオオサワ)

フィアットオートジャパン:
http://www.fiat-auto.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パンダの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • 「フィアット500」に青い海をイメージした限定車登場 2017.3.15 自動車ニュース FCAジャパンは2017年3月15日、「フィアット500」に特別仕様車「MareBlu(マーレブル)」を設定し、同年3月25日に100台の台数限定で発売すると発表した。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • 第33回 ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る