新型「フィアット・パンダ」発売

2004.07.16 自動車ニュース
 

新型「フィアット・パンダ」発売

フィアットオートジャパンは、フィアットを代表するコンパクトカー「パンダ」の新型を、2004年7月31日から販売する。ベーシックな「パンダ」(157万3950円)と、電動サンルーフなどを付与した「パンダプラス」(169万9950円)の2種類が導入される。


フィアット・パンダ(価格=157万3950円)
 

1980年の初代デビュー以来親しまれてきた、フィアットを代表するコンパクトカー「パンダ」がフルモデルチェンジされた。ニューモデルは、2003年のフランクフルトショーで発表。MPVとして開発された「ジンゴ」をパンダとして発表したため、新型は単なるコンパクトカーでなく、いわゆる“ミニミニバン”的な多様性をウリにする。欧州で2003年9月にリリース、翌年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。日本では、年末までに1000台の販売を目標にする。


フィアット・パンダ プラス(169万9950円)
 

ボディサイズは、全長×全幅×全高=3535×1590×1535mm、ホイールベースは2300mm。兄貴分「プント」よりひとまわり小さいが全高は55mm高く、ミニバン的な方向性がうかがえる。インテリアでは、MPV譲りの広い室内空間、可倒式リアシートによって、206リッターから最大860リッターに拡大できる荷室容量などがジマンだ。
パワートレインは、1.2リッター直4 SOHC(60ps、10.4kgm)に、2ペダル5MT「デュアロジック」の組み合わせ。デュアロジックは、自動変速の「オート」と「マニュアル」、2のモードを設定。オートモードでは「ノーマル」と、燃料消費を抑える「エコノミー」が選べ、またシフトレバーを操作すれば、一時的にマニュアルシフトすることもできる。

コンパクトカーらしく装備はシンプルながら、マニュアル式エアコンやAM/FMチューナー付きCDプレーヤー、パワーウィンドウ、各種警告灯を統合した「マルチファンクションディスプレイ」などは標準。「パンダプラス」は専用装備として、ルーフの約70%がガラス張りとなる「スカイドーム」、5:5分割可倒式リアシート、ISO-FIXチャイルドシートアンカーが備わる。

(webCGオオサワ)

フィアットオートジャパン:
http://www.fiat-auto.co.jp/

関連キーワード:
パンダフィアット自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • 5段MTを搭載した「フィアット500S」発売 2016.12.6 自動車ニュース FCAジャパンは、「フィアット500」の5段MTモデル「500S」を、2016年12月10日に発売する。エンジンは85psと14.8kgmを発生する0.9リッター直2ターボの「ツインエア」を搭載。150台の限定販売で、価格は234万3600円。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.11 試乗記 マツダのコンパクトSUV「CX-3」に追加された、ガソリンエンジン搭載モデルに試乗。マツダらしい実直さや、スポーティーな走り、そして手ごろな価格設定と、さまざまな魅力を併せ持つこのクルマに欠けているものとは?
ホームへ戻る