カールソン・チューンの「シトロエンC5ブレーク」、20台限定

2004.07.15 自動車ニュース

カールソン・チューンの「シトロエンC5ブレーク」、20台限定

シトロエンジャポンは、ドイツのチューナー「カールソン」による、「シトロエンC5ブレーク」のハイパフォーマンス仕様「C5 by Carlsson」の導入を、2004年7月7日に発表した。欧州以外での投入は初というスペシャルモデルで、20台が輸入される。価格は、595万3500円。

「C5 by Carlsson」は、3リッターV6を積むワゴン「C5ブレークV6エクスクルーシブ」をベースに、カールソンがエンジンや足まわり、内外装に手を加えたモデル。ドイツ市場に向けて、2003年のフランクフルトショーで公開されたスペシャルバージョンで、欧州以外での導入は初めてという。
左ハンドルのみ、ボディ色は「ノアールオプシディアン」と「グリアルミニウム」の2種類(それぞれ10台)を設定した。トランスミッションはシーケンシャルモード付き4段AT。価格は、ベース車より159万6000円高い、595万3500円だ。

心臓部のエンジンは、エアインテーク、エアフィルターとコントロールマネージメントを変更し、ベース車比25psと3.5kgmアップ。235ps/5900rpmの最高出力と32.6kgm/3650rpmの最大トルクを発生する。中低速トルクを重視したチューンにより、発生回転数はいずれもノーマルより100rpm低い。

サスペンションは、フロント15mm、リア12mmローダウンしたスポーツサスペンション。17インチアルミホイール+タイヤ(225/45サイズ)と組み合わせ、快適性を損なうことなくパフォーマンスを高めたという。低く構えたボディには、前後スポイラーやサイドスカートを装着し、外観をアグレッシブに演出した。
インテリアは、ツートーンレザーシートトリムと、ダッシュボード&ドアトリムをカーボン調に変更。“byカールソン”の専用装備として、JBLスピーカーを備える高音質オーディオが与えられた。

(webCGオオサワ)

シトロエンジャポン:
http://www.citroen.co.jp/

 
カールソン・チューンの「シトロエンC5ブレーク」、20台限定の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC5ツアラー ファイナルエディション(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.2 試乗記 ハイドラクティブサスペンションを搭載する最後のモデル「C5ツアラー ファイナルエディション」に試乗。シトロエン独自の油圧サスペンションシステムがもたらす、乗り心地の妙味を報告する。
  • シトロエンC6(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2007.2.22 試乗記 ……682.0万円
    総合評価……★★★★★

    2006-2007年インポートカーオブザイヤーを受賞した「シトロエンC6」。独創のハイドロニューマティックやデザインの斬新さばかりが取り上げられるが、走ってみれば実は速いクルマなのだという。その理由は……。
  • シトロエンC5 エクスクルーシブ(FF/6AT)【試乗記】 2010.8.20 試乗記 シトロエンC5エクスクルーシブ(FF/6AT)
    ……459.0万円

    1.6ターボと6ATを積んだ、「C5」の新グレードに試乗。シトロエンのミドルセダンはどんな走りをみせるのか。
  • 第18回 ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 エッセイ 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
  • 「DS 3」の限定車「DS 3 So Parisienne」が登場 2016.11.11 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月10日、「DS 3」「DS 3カブリオ」に特別仕様車「DS 3 So Parisienne(ソーパリジェンヌ)」を設定し、60台限定で販売を開始した。
ホームへ戻る