「マツダAZ-ワゴン」にスポーティな特別仕様車

2004.07.14 自動車ニュース

「マツダAZ-ワゴン」にスポーティな特別仕様車

マツダは、軽自動車「AZ-ワゴン」に、スポーティな内外装を採用した特別仕様車「FT-Special」を設定。2004年7月13日から販売を開始した。

「AZ-ワゴン」は、「スズキ・ワゴンR」のOEM車。今回の特別仕様車「FT-Special」は、スズキが7月6日に発表したワゴンRのそれに準じ、スポーティな外装やオーディオなどを充実させたモデルである。
「AZ-ワゴン FT-Special」の特徴は以下の通り。

●エクステリア
フロント、サイド、リアアンダースポイラー、ルーフエンドスポイラー
14インチアルミホイール
10mmローダウンサスペンション
●インテリア
ブラック/シルバーの専用シート表皮&本革巻ステアリングホイール
AM/FMチューナー付きMD/CDステレオ+6スピーカー
ドアアームレストをシルバー塗装

価格は、FFが119万1750円、4WDは130万9350円。

(webCGオオサワ)

マツダ:
http://www.mazda.co.jp/

 
「マツダAZ-ワゴン」にスポーティな特別仕様車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.4.8 試乗記 日本の道路事情にマッチしたボディーサイズと、ユニークなデザインで注目を集めるコンパクトクロスオーバーの「スズキ・イグニス」。では、その走りや使い勝手の実力はどれほどのものなのか? 最上級グレードを借り出し、その出来栄えを確かめた。
  • 日本一売れている軽自動車「スズキ・ワゴンR」が新型へ 2008.9.25 自動車ニュース スズキは2008年9月25日、同社の主力軽自動車「ワゴンR」をフルモデルチェンジして発表した。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
ホームへ戻る