【スペック】全長×全幅×全高=4505×1775×1505mm/ホイールベース=2685mm/車重=1380kg/駆動方式=FF/2リッター直4 DOHC16バルブ(133ps/5500rpm、19.5kgm/3750rpm)/価格=281.4万円(テスト車=同じ)

ルノー・メガーヌツーリングワゴン2.0(4AT)【短評(後編)】

人との対話(後編) 2004.07.13 試乗記 ルノー・メガーヌツーリングワゴン2.0(4AT)……281.4万円「実用車としては優良児」と「メガーヌツーリングワゴン」を評した『webCG』エグゼクティブディレクター大川悠。しかし、どうしても気になるところが……。

 
ルノー・メガーヌツーリングワゴン2.0(4AT)【短評(後編)】の画像

 
ルノー・メガーヌツーリングワゴン2.0(4AT)【短評(後編)】の画像

 
ルノー・メガーヌツーリングワゴン2.0(4AT)【短評(後編)】の画像

最大の弱点が古くさいAT

「メガーヌツーリングワゴン1.6」の「走る性能」に関しては、『webCG』アオキ・エディターは比較的冷淡だった(http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000015333.html)が、実はリポーターもそれに同意する。そして、その理由を、ちょっと推測する。

EPS(電動パワーステアリング)と4段ATのプログラム、それが1.6で指摘された弱点である。
EPSに関しては、たしかに最初は不自然さを感じるかもしれない。特に最近日本車がこの面では相当よくなっているから、これと比較すると、特に乗り始めは違和感を感じるだろう。でも、FWD(前輪駆動)特有のトルクステアを油圧ではなくて電気的プログラムでどう対応するか、いま、ルノーが懸命に努力していることが、文字通り手のひらで感じることができる。
最初はちょっと反応が人工的に感じられるが、たぶん1時間も乗っていれば慣れる。微小域でのフィールはともかく、1日乗っていたら、これはこれでいいと思った。というのも、こういう技術は、各メーカーともに短時間で解決できるからだ。

4ATの問題は、もうすこし大きい。これはいまでも、ヨーロッパの主要ファミリーカーメーカーすべてにとっての課題である。端的に言うなら、いままでMTで充分と思っていたけど、「これからはオートマなしじゃだめだろうかな?」というレベルがまだ多い。
ルノーはだいぶ前から電子制御ATなどで腐心してきたが、まだ日本車とはかなり差がついている。たぶん、いまのメガーヌの最弱点が4ATだろう。
リポーターは過去のルノー系ATにかなり経験があるし、10年前に比べるなら驚異的によくなったことは認めるが、でも、このメガーヌではもうすこし頑張って欲しかった。本当は5ATが欲しい。それが無理なら、すくなくともトルク特性が異なる1.6とはギアリングを変えるべきだったと思う。

2.0の場合、ややロアーギアードになる。100km/hでトップ3000rpm、日本の高速道路の事実上の巡航速度たる120km/hでは3200rpmになる。
2リッターエンジンとの組み合わせでは、もちろんトルク的にはとてもいい場所をついているが、音も振動もかなり大きい。ルノーが1960年代から受け継いでいるような、特有の中波数領域の音を立てながら100−120km/hで巡航しているときには、もう一速上が欲しくなる。
足まわりは、中低速で意外と路面の雑音を拾ったり、多少反発力を感じさせるが、100km/hを超えると途端にフラットでナチュラルになる。そのうえステアリングの直進性もよくなって、まさに地平の果てを目指すクルーザー的な世界が生まれる。だからこそ、もうすこし低いレブで走りたいのである。


 
ルノー・メガーヌツーリングワゴン2.0(4AT)【短評(後編)】の画像

 
ルノー・メガーヌツーリングワゴン2.0(4AT)【短評(後編)】の画像

デザイナーよりも大切なテスター

予想より長くなってしまった。
メガーヌでルノーは、「触覚領域を大切にした」と謳う。実際にその領域こそ自動車設計の最後の部分として期待していた。
でもメガーヌにおいては、“デザイナーが考える触覚”だけしかなかった。スイッチやドアハンドルの内側、ステアリングに付いたコントローラーの接触領域はかなり研究している。
その反面、とても残念だったのは、もっとクルマ自体の機械制御に関わる触覚領域が未開拓だったことだ。前述のEPSやATにもあらわれているが、人間と機械との感覚をどう結びつけるか、ここをあまり深く追求していない。

過剰に鋭敏なくせに、ATのためもあって、足裏でのエンジンの応答が不自然に感じるスロットルペダル、初期に妙に食いつきたがるブレーキ、そして最初の切り始めが弾性で跳ね返されるステアリング、実際に動かすとラフなATシフト。これら、本当に機械とのコミュニケートをはかる多くの面で、人との対話が成立しにくかった。
乱暴にいってしまえば、いいデザイナーはいても、ドライバーの感覚を代弁する優れたテストドライバーの意見があまり入っていないように感じた。

基本アーキテクチュアはとても正しいクルマである。ただ、もうすこし煮詰めるなら、本当のいい実用車になると思う。

(文=webCG大川悠/写真=峰昌宏/2004年7月)

【関連リンク】
ルノー・メガーヌワゴン2.0(4AT)【短評(前編)】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000015468.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メガーヌエステートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る