BMW、ニュー「M5」は507ps

2004.07.13 自動車ニュース
 

BMW、ニュー「M5」は507ps

独BMWは、スポーツサルーン「M5」のニューモデルを、2004年7月2日に発表した。パワーソースは5リッターV10、507psの最高出力を発生する。



 

■100km/hまで5秒足らず

現行5シリーズ(E60型)「M5」のエンジンは、バンク角90度の5リッターV型10気筒。BMWらしく自然吸気の高回転型ユニットで、最高出力507ps/7750rpm、最大トルク53.0kgm/6100rpmを発生する。過給器によって低回転から高トルクを稼ぐ「E55 AMG」(5.4リッターV8+スーパーチャージャー、/476ps、71.4kgm)、「アウディRS6」(4.2リッターV8ツインターボ/450ps、57.1kgm)とは対照的だ。



 

トランスミッションは、ローンチコントロールなどを備えた7段シーケンシャル「SMG」。車重など、スペックの詳細は不明だが、0-100km/h加速は5秒足らず。最高速度はリミッターにより250km/hに制限されるが、理論的には300km/hに達するという。



 

サスペンションには、アダプティブダンパーを採用。「コンフォート」「ノーマル」「スポーツ」、3つのモードを選択できる。
価格は8万6200ユーロ(約1200万円)と報じられた。

ドイツの自動車専門メディアは、M社のニューモデルとして、北米市場をターゲットにする「M5ツーリング」(ワゴン)、M5と同じくV10を積む「M6」(2005年)、V10由来のV8(400ps!)を搭載する「M3」(2006年)などが予定される。

関連キーワード:
M5セダンBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • BMW M3セダン コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2017.12.21 試乗記 BMW伝統の高性能セダン「M3」に、さらに動力性能を突き詰めた上級グレード「コンペティション」が登場。よりパワフルなエンジンと専用チューニングの足まわり、そして多彩なセッティングを可能にする可変制御システムがかなえる走りを試す。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
ホームへ戻る