チャンプカー、ブーデが3連勝しポイントリーダーに

2004.07.12 自動車ニュース

チャンプカー、ブーデが3連勝しポイントリーダーに

チャンプカー第6戦決勝が、2004年7月11日、カナダはトロントの市街地コース(2.808km)を84周して行われた。フランス人のセバスチャン・ブーデが3連勝、今シーズン4勝目をあげ、ポイントリーダーに躍り出た。

元CARTチャンピオンのジミー・バッサーが2位、パトリック・カーポンティエが3位でゴールした。

ポールポジションからスタートしたブーデは、84周中75周もの周回をリードし、自身通算7度目の勝利を手に入れた。オープニングラップでクラッシュに巻き込まれたチームメイトのブルーノ・ジュンケイラが消えたことで、ドライバーズランキングでも1位の座についた。

ランキング1位ブーデと2位ジュンケイラとの差は28点。3位カーポンティエはトップの35点後ろである。

次戦はカナダ2連戦のうちのバンクーバー・ラウンド、決勝は7月25日に開かれる。

(文=webCG 有吉/写真=Autostock)

 

スタート直後、トップを快走するポールポジションのブーデ(先頭)。その後方では、ブーデのチームメイト、ブルーノ・ジュンケイラと、マリオ・ドミンゲスがクラッシュ!
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。