【スペック】全長×全幅×全高=4505×1775×1505mm/ホイールベース=2685mm/車重=1380kg/駆動方式=FF/2リッター直4 DOHC16バルブ(133ps/5500rpm、19.5kgm/3750rpm)/価格=281.4万円(テスト車=同じ)

ルノー・メガーヌツーリングワゴン2.0(4AT)【短評(前編)】

人との対話(前編) 2004.07.11 試乗記 ルノー・メガーヌツーリングワゴン2.0(4AT)……281.4万円「退屈へのレジスタンス」を謳い文句にリリースされるルノーのニューモデル群。「メガーヌツーリングワゴン」の2リッターモデルに乗った『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠は……。

 
ルノー・メガーヌツーリングワゴン2.0(4AT)【短評(前編)】の画像
(写真=ルノー・ジャポン)
 
(写真=ルノー・ジャポン)
	 

 
ルノー・メガーヌツーリングワゴン2.0(4AT)【短評(前編)】の画像

カッコより実質

「ルノー・メガーヌツーリングワゴン」のインプレッションは、数週前にアオキ・コンテンツエディターが、1.6をやや厳しくとらえたリポートでアップロードした(http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000015333.html)。
その後に2.0モデルに乗ったリポーターは、基本的にはアオキ・エディターに賛成するが、もうすこし違った目でみてみたい。

個性的なハッチバックの馬車風キャノピーを失って、普通のワゴンボディを与えられたツーリングは、それでも何とか「退屈」に抵抗しようと−−ご存じのように、最近のルノーのキャッチコピーは「退屈へのレジスタンス」である−−とてもきれいなサイドウィンドウ・グラフィックを採用している。たしかに横から眺めると、下降気味のルーフラインとシャープなコーナーラインが呼応して、とてもスタイリッシュに見える。
ただしこれはデザイナーのトリックで、実際に室内から見ると、ガラスの開口部の各隅は丸いアールで囲まれて、そういっては悪いが、トヨタの「プロボックス」のように平凡な窓が広がっているだけだ。

実はこの実直さというか、真面目な感じ、悪く言うならやや実用一点張りというのが、本当はこのボディのテーマであることが、結果的によくわかった。
挑戦的なデザインで勝負しようとしているハッチに比べるなら、ワゴンは実質勝負、ヘタなカッコつけより実用でナンボ、そうはっきり割り切っている。
それを承知の上で付き合うなら、それなりにこのクルマを理解できると思う。


 
ルノー・メガーヌツーリングワゴン2.0(4AT)【短評(前編)】の画像
写真をクリックするとガラスハッチの開閉が見られます。
 
写真をクリックするとガラスハッチの開閉が見られます。
	 

実用性では優良児

まず、いいことから話すなら、ホイールベースが伸びたことが、あらゆる点で実用性に貢献している。だいたいハッチのメガーヌはスタイル重視の独善的プロポーションで、全長に対して全幅がやや過剰に広かった。運動性やカッコにはキクけれど、本当に使いこもうと思ったら、60?ホイールベースが伸びたワゴンの方がいい。伸びた半分がリアルームに与えられた結果、後席は上のクラスのワゴン、アウディの「A4アバント」や「ジャガーXタイプエステート」の後ろと大差ない(あるいは以上の)空間があるし、バックレストも平板でなくて居心地はいい。

もちろん荷室もかなり広がった。全体的な容量は当然ながら、ホイールアーチの張り出しがすくないとか、フロアがリアバンパーとほぼ平面で繋がっているというまともな形状であるのがいい。こういう細かい使い勝手は、実際上の容積の数値よりも意味があることを、何度もワゴンを使った経験で知っている。
その観点からも、最近多くなったリアウィンドウとテールゲート全体の2ウェイオープンは必須である。後ろの壁ぎりぎりに駐車して、ゲートを開ける隙間がないがために、荷物を降ろせないという悔しい思いをしないで済む。

ともかく実用性では、最近のルノーとしては優良児、それはそれでいいと思う。すこし退屈だけどね……。(後編につづく)

(文=webCG大川悠/写真=峰昌宏/2004年7月)

【関連リンク】
ルノー・メガーヌワゴン2.0(4AT)【短評(後編)】http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000015469.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メガーヌエステートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • ルノー・メガーヌ エステートGT220(FF/6MT)【試乗記】 2013.6.9 試乗記 レーシングカーの開発を手がけるルノースポールがチューンした、ルノーのワゴン「メガーヌ エステートGT220」に試乗。その走りやいかに?
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る