ジャガーXタイプエステート(5AT)【海外試乗記】

意外な狙い 2004.07.07 試乗記 ジャガーXタイプエステート(5AT)フォードグループ内のプレミアムブランドとして拡大路線を採るジャガー。ボリュームモデル「Xタイプ」に同社初のワゴンを用意して、さらなるシェア増大を目指す。自動車ジャーナリスト河村康彦が報告する。
日本には、2リッターV6(159ps/6800rpm、20.4kgm/4100rpm)と2.5リッターV6(198ps/6800rpm、24.9kgm/3000rpm)が導入される。トランスミッションは、いずれも5段AT。駆動方式は、前者がFF、後者が4WD。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4730×1790×1485mm。ホイールベースは2710mmとなる。
 
日本には、2リッターV6(159ps/6800rpm、20.4kgm/4100rpm)と2.5リッターV6(198ps/6800rpm、24.9kgm/3000rpm)が導入される。トランスミッションは、いずれも5段AT。駆動方式は、前者がFF、後者が4WD。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4730×1790×1485mm。ホイールベースは2710mmとなる。
	 

 
ジャガーXタイプエステート(5AT)【海外試乗記】の画像

2つのワゴン

“ベイビィ・ジャガー”こと「Xタイプ」のローンチ、兄貴分「Sタイプ」に同社初のディーゼルエンジン搭載車を追加……と、最近のジャガーの積極果敢な市場拡大策は、すっかり板についた感がある。ひと昔前には高額所得者ご用達(?)の高級モデル専門メーカーとして、高い敷居の向こうに存在していたのに……。
そんなリーピングキャットが、「ここまでやるとは!」と多くの人に思わせそうなのが、ここに取り上げるニューモデル、ジャガー初のステーションワゴンである「Xタイプエステート」である。

Xタイプサルーンのデビューが2001年のジュネーブショー。そのころ、「ジャガー社には2つのエステート案があった」と明かしてくれたのは、同社のデザイン担当取締役であるイアン・カラム氏だった。1979年にフォードに入社した後、90年からはTWRデザインのゼネラルマネージャー兼チーフデザイナーとしてアストンマーティン開発に携わり、さらに99年から現在の職を担う彼は、「実はXタイプとSタイプの双方でエステート案が検討されていた」と教えてくれた。
最終的にジャガー社の規模で2つのモデルを同時に手がけるのは荷が重いという判断から、まずはXタイプのエステートが生を受ける結果になった。が、それでも「Sタイプにはワゴンが不要という判断が下されたわけではない」という。事実、次期Sタイプでエステートが日の目を見る可能性はかなり高いそうだ。つけ加えれば、いまだにジャガーが静観を保つSUV市場に対しても、氏個人は「大いに興味がある」と語る……。


 
ジャガーXタイプエステート(5AT)【海外試乗記】の画像
写真をクリックすると、トランクスペースが見られます。
 
写真をクリックすると、トランクスペースが見られます。
	 

積めるワゴン

「メルセデスベンツCクラス」や「BMW 3シリーズ」、そして「アウディA4」といったライバルたちにワゴンボディが既に存在することを考えると、Xタイプエステートに幾ばくかの“出遅れ感”が漂うことは否定できない。そこで、「そうしたライバルにはない特色のアピール」という作戦が採られた。ジャガー社は、Xタイプエステートならではの特徴を、意外にも「クラス最高のカーゴスペース」に求めた。
“ジャガー”と耳にして、誰もがまずイメージする特徴。それはきっと、ライパルとは一線を画した「エレガントで美しいスタイリング」だろう。実際、ベースとされたXタイプサルーンは、そうしたスタンスでのクルマづくりが感じられる一台だ。
が、そんなサルーンから派生したエステートでは、興味深いことに、機能性に重きが置かれた。Xタイプエステートは、“積めるワゴン”を目指したのである。このクルマのキャラクターを理解する上で大きなポイントだ。

Xタイプエステートの第一印象は、僕が(勝手に)期待していたエレガンスのレベルには達していない、というものだった。が、そもそもジャガーが意図したものが、ぼくの期待とはちょっと異なる方向を向いていたのだ。
考えてみれば、ジャガーのサルーンたちのトランクスペースは、ライバルに比べるといずれもタイト。それゆえ「エステートでは誰にも負けない広い空間を」となっても不思議はない。そう理解すると、このクルマのデザインはとてもわかりやすくなる。


 
ジャガーXタイプエステート(5AT)【海外試乗記】の画像

 
ジャガーXタイプエステート(5AT)【海外試乗記】の画像

楽しみな一台

Xタイプエステートのハードウェアの印象、すなわち「走ってどうか?」というハナシになると、ズバリその答えは「同エンジンを搭載したサルーンとほとんど変わらない」。ダッシュボードまわりのデザインなどもサルーンの“生き写し”だから、一度乗り込んでしまえば「エステートを意識させられることはない」。
ちなみに、インテリアからの延長という雰囲気でつくり込まれたラゲッジルームの仕上がりは、「文句ナシ」のレベル。そしてまた、荷室のスペースが予想以上のボリュームを備えていることは……ここまで読み進んできてくれたアナタには、もう説明するまでもないだろう。

ボディの剛性感がサルーンと同等なので、快適性も遜色ない。しかし、フランスで開催された国際プレス試乗会に用意された18インチシューズを履く「Sport」グレードはさすがに少々硬かった。数値上ではサルーンのデータを凌ぐという静粛性は、“それ”が実感できるほどではないが、たしかに満足のいくレベル。いずれにしても、走りの印象に「エステートだから」という言い訳が必要になる部分はひとつもない。

日本仕様は、FWD(前輪駆動)シャシーを持つ2リッターと、フロントに40%、リアに60%のトルク配分を基本とするフルタイム4WDシステムを備える2.5リッター、いずれも革内装が奢られた「SE」グレードとなる。価格は、490.0万円と545.0万円である。
それにしても「“ジャガーのワゴン”を待ち望んでいる人はどのくらいいるのだろう?」。そんな好奇心を満足させてくれそうな点でも、2004年7月1日に日本でローンチされたXタイプエステートは、楽しみな一台だ。

(文=河村康彦/写真=ジャガージャパン/2004年7月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXタイプ 2.0 V6 SEエステート【ブリーフテスト】 2004.8.19 試乗記 価格=524万6500円
    総合評価……★★★★

    ライフスタイルアイテムとして、実用車として市民権を得たワゴン市場に、高級サルーンで知られるジャガーが送り込んだ「Xタイプエステート」。2.1リッターのベーシックグレードに乗った、自動車ジャーナリスト生方聡は何を感じたか?


  • ジャガーXタイプ2.5 V6 SEエステート(5AT)【短評(前編)】 2004.7.28 試乗記 ジャガーXタイプ2.5 V6 SEエステート(5AT)
    ……568.1万円

    2004年7月17日から、日本での販売が始まった「ジャガーXタイプエステート」。Xタイプセダンを日ごろのアシにする『webCG』エグゼクティブディレクターは、ワゴンボディをどう見るのか? 箱根からの報告。


  • ジャガーXタイプ2.5 V6 SEエステート(5AT)【短評(後編)】 2004.7.29 試乗記 ジャガーXタイプ2.5 V6 SEエステート(5AT)
    ……568.1万円

    日本でもリリースされた「ジャガーXタイプエステート」。Xタイプ“初期型”セダンを日常のアシとする『webCG』エグゼクティブディレクター、大川悠が箱根で乗って……。


  • ジャガーXタイプ2.5 V6 SE(5AT)【試乗記】 2002.8.17 試乗記 ジャガーXタイプ2.5 V6 SE(5AT) ジャガーSタイプを日常の足にして1年半。「リンカーンLSベースなのが見え見え」と感じている小林彰太郎。フォード傘下のジャガーがリリースしたニューモデル第2弾「Xタイプ」はどうなのか? 雨の富士五湖から報告する。 会員コンテンツ「Contributions」より再録。
  • ジャガーフルラインナップ試乗会(前編) 2005.11.17 試乗記 英国が誇る格調高きブランド「ジャガー」は、フォード傘下になってからもアイデンティティを保ち続けている。その孤高の輝きは、表面的な言葉で左右されるものではない。それを証明するため、フルラインナップ試乗会の模様を、昨今流行りの方言を交えつつお届けすることにしよう。


ホームへ戻る