「スズキ・ワゴンR」に特別仕様車

2004.07.07 自動車ニュース
 

「スズキ・ワゴンR」に特別仕様車

スズキは、軽自動車「ワゴンR」に、スポーティな外観や、上級オーディオなどの快適装備を付与した特別仕様車「FTリミテッド」を設定。2004年7月6日から販売を開始した。


インテリアは、メッキドアハンドル、ドアトリムの一部にシルバー塗装を施すなど、細部も変更された。
 

ベース車は、中低速トルク重視型「Mターボ」(60ps)を積む「FT」グレード。スポーティを謳うエクステリアは、メッキグリル、前後サイドアンダースポイラーやサイドスカートなどのエアロパーツで飾る。また車高はノーマルより10mm低く、標準より1インチ大きい、14インチアルミホイールを奢った。
インテリアは、快適装備をグレードアップ。MD/CDステレオ+6スピーカーとフルオートエアコンが標準で備わる。加えて、黒基調のファブリックシート表皮や、本革巻きステアリングホイールを採用するなどして、質感を高めた。

価格はベース車より6万3000円高く、FFが119万1750円、4WDは130万9350円。

(webCGオオサワ)

スズキ:
http://www.suzuki.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ワゴンRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る