「スズキ・ワゴンR」に特別仕様車

2004.07.07 自動車ニュース
 

「スズキ・ワゴンR」に特別仕様車

スズキは、軽自動車「ワゴンR」に、スポーティな外観や、上級オーディオなどの快適装備を付与した特別仕様車「FTリミテッド」を設定。2004年7月6日から販売を開始した。


インテリアは、メッキドアハンドル、ドアトリムの一部にシルバー塗装を施すなど、細部も変更された。
 

ベース車は、中低速トルク重視型「Mターボ」(60ps)を積む「FT」グレード。スポーティを謳うエクステリアは、メッキグリル、前後サイドアンダースポイラーやサイドスカートなどのエアロパーツで飾る。また車高はノーマルより10mm低く、標準より1インチ大きい、14インチアルミホイールを奢った。
インテリアは、快適装備をグレードアップ。MD/CDステレオ+6スピーカーとフルオートエアコンが標準で備わる。加えて、黒基調のファブリックシート表皮や、本革巻きステアリングホイールを採用するなどして、質感を高めた。

価格はベース車より6万3000円高く、FFが119万1750円、4WDは130万9350円。

(webCGオオサワ)

スズキ:
http://www.suzuki.co.jp/

関連キーワード:
ワゴンRスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】 2017.2.24 試乗記
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース