トヨタ、「カムリ」と「ウィンダム」をマイナーチェンジ

2004.07.07 自動車ニュース
 

トヨタ、「カムリ」と「ウィンダム」をマイナーチェンジ

トヨタ自動車は、「カムリ」と「ウィンダム」をマイナーチェンジして、2004年7月6日から販売を開始した。


【写真上】カムリ2.4G“リミテッドエディション ナビパッケージ”
【写真下】ウインダム3.0G“ブラックセレクション”
 

■装備充実……「カムリ」

カムリの主な変更点は、フェイスリフトや装備の充実化など。エクステリアは、シャープな4連式ヘッドランプをはじめ、前バンパーやグリルのデザインを変更。高級感とスポーティ感を高めたという。インテリアでは、自発光式オプティトロンメーターにLED照明を採用したほか、オーディオスイッチ付きステアリングホイール、電動ランバーサポートといった、快適装備を充実させた。
価格は、ベーシックな「2.4G」(FF)が237万3000円から。スポーティな「ツーリング」は275万1000円からとなる。

■高級車にふさわしく……「ウィンダム」

ウィンダムでは、エクステリアの質感を向上。G-BOOK対応ナビゲーションシステムを一部グレードに標準化し、さらなる高級化を図った。
外観は、前バンパー&グリル、ランプ類などのデザインを変更し、高級感かつシャープなマスクとした。またボディ色に「グレーマイカメタリック」と「シルバーメタリック」を追加したことも新しい。
インテリアは、木目の色を明るいライトブラウン(ブラックセレクションを除く)に変更、センタークラスターにメタル調パネルを採用した。装備面では、上級グレード「3.0G」に、G-BOOK対応DVDナビゲーションシステムを標準搭載。オプション装備ながら、シート表面から空気が吹き出す「シートベンチレーションシステム」(前席)や、バックギアと連動したドアミラーを全車に設定した。
価格は、「3.0X」の336万円から、「3.0G“リミテッドエディション”」の408万4500円まで。

(webCGオオサワ)

トヨタ自動車:
http://www.toyota.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWが新型車「6シリーズ グランツーリスモ」の概要を発表 2017.6.14 自動車ニュース 独BMWが新型車「6シリーズ グランツーリスモ」の概要を発表した。既存の「5シリーズ グランツーリスモ」の後継を担う大型の5ドアハッチバックモデルであり、2017年9月に開催されるフランクフルトショーにおいて世界初公開される。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • 【デトロイトショー2017】トヨタ、新型「カムリ」を世界初公開 2017.1.11 自動車ニュース トヨタが、デトロイトショーで北米市場の最量販モデル「カムリ」の新型を世界初公開。8代目となる新型には「プリウス」などに続いて「TNGA」世代の新プラットフォームを採用。日本市場については2017年夏ごろの導入を予定している。
ホームへ戻る