【スペック】フェアレディZ S-tune GT(6MT):全長×全幅×全高=4625×1840×1295mm/ホイールベース=2650mm/車重=1465kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6 DOHC24バルブ(300ps/6400rpm、37.0kgm/4400rpm)/価格=682万5000円(テスト車=同じ)

ニスモ・フェアレディZ S-tune GT(6MT)【試乗記】

見かけよりおとなしい 2004.07.06 試乗記 ニスモ・フェアレディZ S-tune GT(6MT)……682万5000円全日本GT選手権に参戦中の「日産フェアレディZ」を、同社のモータースポーツを手がけるNISMOがチューンナップしたコンプリートカー「S-tune GT」に、『webCG』記者二人が乗った。
ノーマルの「Z」に比べて、フロントで180mm、リアで135mm延長される大型バンパーを装着する。

ノーマルの「Z」に比べて、フロントで180mm、リアで135mm延長される大型バンパーを装着する。


ニスモ・フェアレディZ S-tune GT(6MT)【試乗記】の画像

「nismo」のロゴ入りです

本諏訪(以下「も」):こちら、「フェアレディZ S-tune GT」です。
コンドー(以下「コ」):いや、派手だね。チューニングカーだってわかりやすい。
も:前後左右に専用バンパー/スカートを取り付けています。ルームミラーからも覗ける大きなリアウイングは、角度調整付き!
コ:値段もすごいな。682万5000円か。
も:やはりエアロに惹かれて買う人が多いんでしょうが、けっこう年輩のヒトもターゲットにしているそうです。財布に余裕のある。
コ:Zには、昔からの頑固なファンがいるからなぁ。それにしても、車高、低いな。
も:スプリングはもちろん、ダンパー、スタビライザーも専用品のS-tuneサスペンションが組まれてます。フロントブレーキは31mm拡大した355mm径の1ピース大型ベンチレーテッドディスク。キャリパーはブレンボのアルミ対向4ピストンが奢られます。
コ:ホイールは19インチか。
も:ノーマルと比較して、車高にして20mm低い。最低地上高も20mm減って、100mmです。踏切ではアゴをすらないよう、ナナメに走らないといけないでしょうね。僕も昔こんなクルマに乗っていたので、ちょっと懐かしく思います(笑)。

コ:ドアを開けると、サイドシルに「nismo」のロゴ入りキッキングプレートが鈍く輝く……。
も:アルミ製です。フロアマットも「nismo」のロゴ入り。車検証入れには、シートと雰囲気を合わせてエクセーヌが貼られます。細かいことですが。
コ:シートはアルカンタラのバケットタイプか。赤いステッチがオシャレ。スピードメーターは、300km/hまで印字されてる!!
も:しかも「nismo」のロゴ入りです。細かいことですが。

見えないところまで

コ:天気が悪いのは残念だなぁ。
も:霧もすごいし、ちょっとアクセルは踏めませんね。
コ:走ってみるとステンレスマフラーから出る排気音は、さすがに気持ちいい!
も:排気系は、フロントパイプ以降をすべて変更。触媒はスポーツキャタライザーに交換され、排気抵抗が低減されています。
コ:最大トルクはノーマルより低い回転数で出るし、街なかでも使いやすそうだ。エンジンもポテンシャルはありそうなニオイがした。
も:エンジンには強化バルブスプリング&コンロッドボルト、専用のカムシャフトが組み込まれ、あわせてコンピューターもチューニングされています。軽量フライホイールのおかげで、タコメーターの針の動きはビンビンです。
コ:そっち系のクルマに乗っていただけあって説明が流暢だね。
も:さらにエンジン&パワステオイルクーラーまで装備!
コ:となるとストリートチューンといいながらも、サーキットとかで思いっきり走ってみたいな。とはいえ、運転操作に特別気をつかわなくていいところがよいね。
も:強化クラッチカバー/ディスクを使っていますが、踏むときの重さはそれほど気になりませんでした。

コ:走りはどうだった?
も:コーナリング時は車体のロールが抑えられていて、しっかり地面を這っている感じがありました。
コ:多少足がバタついたような気がするけど……。乗り心地はいいとは言えないなぁ。
も:前245/後275の19インチタイヤが大きすぎかもしれませんね。
コ:ただノーマルZの乗り心地がかなりよいから、あくまで比較してのハナシだけど。
も:ニスモのレース活動からフィードバックしたという、「S-tune」サスペンションシステムは、チューニングカーっぽい硬さで、雰囲気出ていると思いました。このクルマを買う人は、こういう方がいいんじゃないでしょうか。
コ:ブレーキはかっちり感があってよかったね。ブレンボ製キャリパーに大径ローター、専用ブレーキパッドに加えて、ブレーキホース強化がきいてる。
も:見えないところもしっかりしてます。

手前が「フェアレディZ S-tune GT」。後ろがノーマルの「Z」。

ディスカウントではあるが

コ:どうだったかな、Zの方は?
も:私的には、ちょっと物足りなかった感じです。特に不満はないのですが、ノーマルのZがとてもいいクルマなだけに、価格に対してのチューニング度が足りないかなと。
コ:でもスタッフの方は、チューニングの内容から考えると、かなりディスカウントしていると言ってたね。パーツごとに見たら、合計で800万円はオーバーするとか。
も:足まわりとエアロは「いじった感」がわかりやすいのですが……。ブレーキやクラッチ、補器類など見えないところに手をかけているのはサスガですが、貧乏性の私はもっとトガった特性が欲しかったです。
コ:なるほど(笑)。
も:たとえばエンジン出力をわかりやすくもっと上げるとか。NAはパワーアップが大変なんでしょうけども。この見かけの割に、ドライブフィールがおとなしく感じませんか?
コ:まあストリートチューンだしね。
も:しかしマーチもZもそうですけど、最近は「扱いやすい」チューニングカーが多いんですね。
コ:まあメーカー系のコンプリートカーだし。そうしないとなかなか受け入れてもらえないんだろうな。

(文=webCG近藤俊&本諏訪裕幸/写真=峰昌宏/2004年7月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フェアレディZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フェアレディZ バージョンST/フェアレディZロードスター バージョンST【試乗記】 2012.9.5 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)/フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)
    ……490万1400円/568万8900円

    日産のFRスポーツ「フェアレディZ」がマイナーチェンジを受け、よりスポーティーな装いになった。クーペのMTとロードスターのATを駆ってその走りを試した。
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
ホームへ戻る