スバル、「レガシィ」シリーズと「フォレスター」にもWRC記念車

2004.07.06 自動車ニュース

スバル、「レガシィ」シリーズと「フォレスター」にもWRC記念車

富士重工業は、「レガシィ」シリーズと「フォレスター」に、「2004年WRCラリー・ジャパン」開催を記念した特別仕様車「WR Limited 2004 」を設定。レガシィは2004年7月1日に、フォレスターは7月5日に、それぞれ発売した。いずれも11月末までの期間限定販売となる。

特別仕様車「WR Limited 2004」は、2004年9月に北海道で開催される世界ラリー選手権第11戦ラリー・ジャパンを記念してつくられた。「WRブルーマイカ」のボディ色と、ゴールド塗装のアルミホイールによる、ラリーカーを彷彿とさせる外観が特徴である。インテリアは専用シートなどでスポーティ感を高めたという。

車種別の詳細は、以下の通り。

■レガシィシリーズ

レガシィは、ワゴンとセダン「B4」の2種類を用意。2リッターターボを積む、スポーティな「GT spec.B」がベースで、金色のハデなアルミホイールは、ノーマル比1インチアップの18インチである。他に、専用デザインのHIDヘッドランプ(ロービーム)を採用。インテリアには、ブルーアルカンタラとブラックレザーの専用シートなどを配した。
価格は、ワゴンが332万8500円(5MT)と339万1500円(5AT)、セダンB4は317万1000円(5MT)と323万4000円(5AT)。

■フォレスター

ベース車は2リッターターボ(220ps)を積む「XT」。特別装備として、マルチリフレクター式フォグランプや、ブルーアルカンタラ&ニットのツートーンシートを採用。さらにMDとインダッシュ6連奏CDチェンジャーなどがセットになった「FORESTERソリッドフォースサウンドシステム」を奢った。またSUVらしく、汚れても水洗いできる樹脂製ハードマット(荷室とリアシートバック)を装備する。
価格は、5MTが247万8000円、4ATは257万400円となる。

(webCGオオサワ)

スバル:
http://www.subaru.co.jp/

 
スバル、「レガシィ」シリーズと「フォレスター」にもWRC記念車の画像

【写真上】レガシィシリーズのWR Limited 2004
【写真下】フォレスターXT WR Limited 2004
 

	【写真上】レガシィシリーズのWR Limited 2004
	【写真下】フォレスターXT WR Limited 2004
	 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る