WRC日本開催記念「スバル・インプレッサ」登場

2004.07.06 自動車ニュース

WRC日本開催記念「スバル・インプレッサ」登場

富士重工業は、世界ラリー選手権(WRC)初の日本ラウンド「ラリー・ジャパン」を秋口に控えた2004年7月5日、「スバル・インプレッサ」のラリー・ジャパン開催記念車である「WR-Limited 2004」を発売した。

ベースモデルは、セダン「WRX」とスポーツグレード「WRX STi spec C」。今シーズン7戦して2勝をマークしているWRカー「インプレッサWRC 2004」のイメージを踏襲した内外装が特徴だ。「WRブルー」のボディカラーとゴールド塗装のアルミホイール、フロントコーナースポイラーや大型リアスポイラーなどを装着する。

価格は、WRXが268万8000円(5MT)と282万7650円(4AT)、スポーツ仕様車に快適装備を盛り込んだWRX STi spec Cは6MTのみで346万5000円となる(価格は東京・名古屋・大阪地区のもの)。

(webCG 有吉)

「スバル・インプレッサWR-Limited 2004」:
http://www.subaru.co.jp/impreza/wrlimited/

 
WRC日本開催記念「スバル・インプレッサ」登場の画像

関連キーワード:
インプレッサスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第479回:雪道でも”安心と愉しさ”を!
    「インプレッサ」&「XV」でONE DAY雪上ドライブ
    2018.2.8 エディターから一言 新世代プラットフォーム「SGP(スバルグローバルプラットフォーム)」を採用した新型「インプレッサ」と「XV」による雪上試乗体験イベントが、冬の東北を舞台に開催された。雪に不慣れな筆者が雪道のドライブで感じた、最新スバル車の雪上性能についてリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンが「パサート」のディーゼルモデルを発売 2018.2.14 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年2月14日、「パサート」および「パサートヴァリアント」のモデルラインナップにディーゼルエンジンを搭載した「TDI」を追加設定し、販売を開始した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • エンジンに新技術、マツダが「CX-5」を一部改良 2018.2.8 自動車ニュース マツダがミドルサイズSUV「CX-5」に一部改良を実施。ディーゼル車、ガソリン車ともにエンジンの改良によって走りと実燃費を改善したほか、360°ビューモニターを採用したり、パワーリフトゲートの設定を拡大したりと、装備の拡充も図っている。
ホームへ戻る