WRC日本開催記念「スバル・インプレッサ」登場

2004.07.06 自動車ニュース

WRC日本開催記念「スバル・インプレッサ」登場

富士重工業は、世界ラリー選手権(WRC)初の日本ラウンド「ラリー・ジャパン」を秋口に控えた2004年7月5日、「スバル・インプレッサ」のラリー・ジャパン開催記念車である「WR-Limited 2004」を発売した。

ベースモデルは、セダン「WRX」とスポーツグレード「WRX STi spec C」。今シーズン7戦して2勝をマークしているWRカー「インプレッサWRC 2004」のイメージを踏襲した内外装が特徴だ。「WRブルー」のボディカラーとゴールド塗装のアルミホイール、フロントコーナースポイラーや大型リアスポイラーなどを装着する。

価格は、WRXが268万8000円(5MT)と282万7650円(4AT)、スポーツ仕様車に快適装備を盛り込んだWRX STi spec Cは6MTのみで346万5000円となる(価格は東京・名古屋・大阪地区のもの)。

(webCG 有吉)

「スバル・インプレッサWR-Limited 2004」:
http://www.subaru.co.jp/impreza/wrlimited/

 
WRC日本開催記念「スバル・インプレッサ」登場の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る