「スバル・プレオ」にスポーティな特別仕様車

2004.07.02 自動車ニュース

「スバル・プレオ」にスポーティな特別仕様車

富士重工業は、軽自動車「スバル・プレオ」に、エクステリアをスポーティに演出し、集中ドアロックやパワーウィンドウなど装備を充実させた特別仕様車「プレオFタイプS」を設定、2004年6月30日から販売を開始した。

「プレオFタイプS」の装備内容は、以下の通り。

●エクステリア
カラードバンパー、フォグランプ&フロントターンランプ
カラードサイドスポイラー&ルーフスポイラー
リアガーニッシュ&リアコンビネーションランプ
濃色ガラス
カラード電動ドアミラー
マフラーカッター
カラードドアハンドル
フルホイールキャップ

●インテリア
CDプレーヤー&AM/FMチューナー
パワーウィンドウ
集中ドアロック
トリコットツートーン専用シート表皮
レバー式運転席シートリフター

ボディ色に「R2」の人気色だという「アストラルブルーオパール」が加わったことも新しい。
価格は、FFがベース車比14万9100円高、4WDは13万8600円高く、88万2000円(FF/5MT)から105万5250円(4WD/CVT)まで。

(webCGオオサワ)

スバル:
http://www.subaru.co.jp/

 
「スバル・プレオ」にスポーティな特別仕様車の画像

関連キーワード:
プレオスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルR1S (FF/CVT)【試乗記】 2006.2.16 試乗記 スバルR1S (FF/CVT)
    ……153万3000円

    2+2の軽「スバルR1」にスーパーチャージャー搭載の新グレード「S」が追加された。64psのパワフルなスポーティ軽の走りとは。


  • スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)【試乗記】 2005.2.24 試乗記 スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)
    ……137万5500円/150万450円

    「スバルR1」は、現代の軽規格を大きく下回るサイズで登場した。360cc時代の軽自動車で運転を覚えたという自動車ジャーナリストの笹目二朗が、「小ささ」の意味を考える。


  • スバルR2(CVT)【試乗記(後編)】 2003.12.20 試乗記 スバルR2(CVT)
    ……86.0〜140.0万円

    なつかしい名前を、斬新なデザインのニューモデルに与えたスバルの新型軽自動車「R2」。『webCG』コンテンツエディターのアオキが、3つのグレードに“ちょい乗り”した。


  • スバルR1(CVT/4WD)【試乗速報】 2005.1.21 試乗記 スバルR1(CVT/4WD)
    ……150万450円

    テレビCMでは、「てんとう虫」のスピリットを受け継ぐことを強調している「R1」。「小さいこと」を利点とするクルマ作りは、現代でも可能なのか。『NAVI』編集委員鈴木真人の速報インプレッション。


  • 【Movie】小さな軽「スバルR1」のサイズと使い勝手をたしかめる 2005.1.24 自動車ニュース 2005年1月4日に販売が始まった「スバルR1」。先輩格「R2」をさらに小さくし2+2としたパーソナル軽、その力量(の一端)を動画でお届けする。いざというときにもう2人乗れるという後席のサイズは? 簡単アレンジというシートの使い勝手は?
ホームへ戻る