「ジャガーXタイプ」にワゴン加わる

2004.07.02 自動車ニュース
 

「ジャガーXタイプ」にワゴン加わる

ジャガージャパンは、ジャガーブランドとしては初の量産ワゴン「Xタイプエステート」を、2004年7月17日から販売する。2.1リッターと2.5リッターのV6が2種類で、価格は490.0万円と545.0万円である。



 

ジャガーが2001年にリリースしたエントリーモデル「Xタイプ」にワゴンが追加された。車両概要は、海外試乗記(http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000015169.html)で既報の通り、Xタイプセダンをベースに、Bピラー以降、570点以上のパーツを新設計。ジャガーらしい美しさと、ワゴンの利便性を両立したと謳われるニューモデルである。
従来のジャガーユーザーとは異なる、新しい顧客層を開拓したXタイプ。リーピングキャットの裾野をさらに広げるべく投入されたのがエステートというわけだ。


テールゲートだけでなく、ガラスハッチも独立して開閉可能。リアシートは7:3分割可倒式で、荷室の最大容量は1415リッター。ワゴンとしての機能性にもこだわったという。
 

日本に導入されるのは、2.1リッターV6(159ps)搭載の「2.0 V6 SEエステート」(FF)と、2.5リッターV6(198ps)を積む「2.5 V6 SEエステート」(4WD)の2種類。トランスミッションは、いずれも5段ATである。本国には3リッターモデルも存在するが、導入は見送られた。

ボディサイズは、長さが45mm、高さは65mmそれぞれ大きくなり、全長×全幅×全高=4730×1790×1485mm、ホイールベースは変わらず2710mmとなる。



 

上級を表す「SE」のサブネームが与えられていることからもわかる通り、装備品はプレミアムカーに相応しい内容。インテリアはレザー仕様で、シートはヒーターの付いた電動調節式(2.0が8ウェイ、2.5は10ウェイ)が奢られる。またDVDナビゲーションシステムなども標準装備する。

(webCGオオサワ)

ジャガージャパン:
http://www.jaguar.com/jp/ja/home.htm

関連記事
  • ジャガーXタイプ 2.0 V6 SEエステート【ブリーフテスト】 2004.8.19 試乗記 価格=524万6500円
    総合評価……★★★★

    ライフスタイルアイテムとして、実用車として市民権を得たワゴン市場に、高級サルーンで知られるジャガーが送り込んだ「Xタイプエステート」。2.1リッターのベーシックグレードに乗った、自動車ジャーナリスト生方聡は何を感じたか?


  • ジャガーXタイプ2.5 V6 SEエステート(5AT)【短評(前編)】 2004.7.28 試乗記 ジャガーXタイプ2.5 V6 SEエステート(5AT)
    ……568.1万円

    2004年7月17日から、日本での販売が始まった「ジャガーXタイプエステート」。Xタイプセダンを日ごろのアシにする『webCG』エグゼクティブディレクターは、ワゴンボディをどう見るのか? 箱根からの報告。


  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(前編)】 2017.5.11 試乗記 外部から充電できるハイブリッド車「トヨタ・プリウスPHV」と、エンジンで発電した電力を使って走る「日産ノートe-POWER」。今が旬のエコカー2台をさまざまな道で乗り比べ、運転感覚や使い勝手の違いを詳しくリポートする。
  • ジャガーフルラインナップ試乗会(前編) 2005.11.17 試乗記 英国が誇る格調高きブランド「ジャガー」は、フォード傘下になってからもアイデンティティを保ち続けている。その孤高の輝きは、表面的な言葉で左右されるものではない。それを証明するため、フルラインナップ試乗会の模様を、昨今流行りの方言を交えつつお届けすることにしよう。


  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジ 2017.5.25 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年5月25日、マイナーチェンジを施した「ゴルフ/ゴルフヴァリアント/ゴルフ オールトラック」を発表した。同年5月29日に発売する。車両価格は249万9000円から。
  • 日産スカイラインGTS-R ETC出場車(1988年) 2017.5.24 画像・写真 欧州ツーリングカー選手権やスパ・フランコルシャン24時間レースに参戦。世界に挑んだ初めてワークス・スカイラインこと「スカイラインGTS-R ETC」が、日産名車生クラブによってレストアされることとなった。その姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
ホームへ戻る