「ジャガーXタイプ」にワゴン加わる

2004.07.02 自動車ニュース
 

「ジャガーXタイプ」にワゴン加わる

ジャガージャパンは、ジャガーブランドとしては初の量産ワゴン「Xタイプエステート」を、2004年7月17日から販売する。2.1リッターと2.5リッターのV6が2種類で、価格は490.0万円と545.0万円である。



 

ジャガーが2001年にリリースしたエントリーモデル「Xタイプ」にワゴンが追加された。車両概要は、海外試乗記(http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000015169.html)で既報の通り、Xタイプセダンをベースに、Bピラー以降、570点以上のパーツを新設計。ジャガーらしい美しさと、ワゴンの利便性を両立したと謳われるニューモデルである。
従来のジャガーユーザーとは異なる、新しい顧客層を開拓したXタイプ。リーピングキャットの裾野をさらに広げるべく投入されたのがエステートというわけだ。


テールゲートだけでなく、ガラスハッチも独立して開閉可能。リアシートは7:3分割可倒式で、荷室の最大容量は1415リッター。ワゴンとしての機能性にもこだわったという。
 

日本に導入されるのは、2.1リッターV6(159ps)搭載の「2.0 V6 SEエステート」(FF)と、2.5リッターV6(198ps)を積む「2.5 V6 SEエステート」(4WD)の2種類。トランスミッションは、いずれも5段ATである。本国には3リッターモデルも存在するが、導入は見送られた。

ボディサイズは、長さが45mm、高さは65mmそれぞれ大きくなり、全長×全幅×全高=4730×1790×1485mm、ホイールベースは変わらず2710mmとなる。



 

上級を表す「SE」のサブネームが与えられていることからもわかる通り、装備品はプレミアムカーに相応しい内容。インテリアはレザー仕様で、シートはヒーターの付いた電動調節式(2.0が8ウェイ、2.5は10ウェイ)が奢られる。またDVDナビゲーションシステムなども標準装備する。

(webCGオオサワ)

ジャガージャパン:
http://www.jaguar.com/jp/ja/home.htm

関連キーワード:
Xタイプ エステートジャガー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガー、「XFスポーツブレイク」を発表 2017.11.27 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年11月27日、ラグジュアリーサルーン「XF」のワゴンバリエーション「XFスポーツブレイク」を発表し、同日受注を開始した。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • ジャガー、「XF」の2018年モデルを発表 2017.11.27 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年11月27日、ラグジュアリーサルーン「ジャガーXF」の2018年モデルを発表し、同日受注を開始した。車両価格は605万円~1147万円。
  • メルセデス・ベンツG350d/GLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)【試乗記】 2018.6.9 試乗記 メルセデスのSUVにイッキ乗りできる、ぜいたくな試乗会が開催された。リポーターがチョイスしたのは、デビューから40年の集大成となる従来型「Gクラス」と、売れ筋ミドルサイズの「GLC」。とりわけ印象に残ったのは、Gクラスの独自の世界観と完成度の高さだった。
ホームへ戻る