「メルセデスCクラス」装備変更、価格改定、グレード見直し

2004.07.01 自動車ニュース

「メルセデスCクラス」装備変更、価格改定、グレード見直し

ダイムラークライスラー日本は、「メルセデスベンツCクラス」のセダン、ワゴン、スポーツクーペの装備変更を発表。さらにグレードラインナップの見直しも行われ、価格改定をした上で、2004年6月28日から販売を開始した。

■各種装備の変更

全グレードを通じた装備変更は、内外装やサスペンションなど多岐にわたる。ヘッドランプなどのランプ類がクリアレンズ化され、スポーツクーペ以外では、フロントグリル/スポイラーやサイド/リアスカートも形状が変更された。内装でもパーツデザインや使用素材が変わった。全モデルにCDプレイヤーが標準装備となったことも新しい。

さらに走りの面でも、ステアリングギア比とサスペンションセッティングが見直され(4MATICを除く)、また15インチタイヤ装着モデルは16インチにサイズアップされた。

■2種のグレード追加

同時に、グレードラインナップも変更。1.8リッター直4 DOHCスーパーチャージャー付きエンジンを搭載する「C230コンプレッサーアバンギャルド(セダン/ワゴン)」と、ハイパフォーマンスモデルの「C55 AMG(セダン/ワゴン)」が新たに加わった。

「C230コンプレッサーアバンギャルド」は、「C180コンプレッサー」「C200コンプレッサー」と同型のエンジンながらも、圧縮比の変更などで最高出力191ps/5800rpm、最大トルク26.5kgm/3500-4000rpmを発生するユニットを搭載。バイキセノンヘッドランプや専用デザインシートなどを装備する上級グレードで、さらにスポーティな装備の「スポーツパッケージ」もオプションで用意される。

「C55 AMG」は、「CLK55 AMG」などと同じ、5.4リッターV8 SOHCエンジン(367ps、52.0kgm)を搭載するハイパフォーマンスモデル。大型エンジンを収めるため延長されたフロントノーズや、ワイドフェンダー、18インチホイールなどが外観上の大きな特徴となる。内装にはアルカンタラとナッパレザーを用いたシートなど上級装備が奢られる。

この2種が加わる一方、「C320(セダン/ワゴン)」と「C32 AMG(セダン/ワゴン)」はラインナップから落ちた。

なお、今回の装備変更で価格の改定も行われた。スポーツクーペは最大で11万5500円の値上げ、それ以外はC180コンプレッサーの15万7500円をはじめとして、すべて値下げとなる。

(webCG 本諏訪)

メルセデスベンツ:
http://www.mercedes-benz.co.jp/

 

【写真上】C230コンプレッサーアバンギャルド
【写真下】C200コンプレッサースポーツクーペエボリューション
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
  • 新型「Eクラス」初のAMGモデルが日本上陸 2016.10.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年10月6日、新型「Eクラス」のモデルラインナップに「メルセデスAMG E43 4MATIC」を追加設定し、注文受け付けを開始した。新型Eクラスとしては初のAMGモデルとなる。3リッターV6直噴ツインターボエンジンは、最高出力401ps、最大トルク53.0kgmを発生する。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
ホームへ戻る