「メルセデスCクラス」装備変更、価格改定、グレード見直し

2004.07.01 自動車ニュース

「メルセデスCクラス」装備変更、価格改定、グレード見直し

ダイムラークライスラー日本は、「メルセデスベンツCクラス」のセダン、ワゴン、スポーツクーペの装備変更を発表。さらにグレードラインナップの見直しも行われ、価格改定をした上で、2004年6月28日から販売を開始した。

■各種装備の変更

全グレードを通じた装備変更は、内外装やサスペンションなど多岐にわたる。ヘッドランプなどのランプ類がクリアレンズ化され、スポーツクーペ以外では、フロントグリル/スポイラーやサイド/リアスカートも形状が変更された。内装でもパーツデザインや使用素材が変わった。全モデルにCDプレイヤーが標準装備となったことも新しい。

さらに走りの面でも、ステアリングギア比とサスペンションセッティングが見直され(4MATICを除く)、また15インチタイヤ装着モデルは16インチにサイズアップされた。

■2種のグレード追加

同時に、グレードラインナップも変更。1.8リッター直4 DOHCスーパーチャージャー付きエンジンを搭載する「C230コンプレッサーアバンギャルド(セダン/ワゴン)」と、ハイパフォーマンスモデルの「C55 AMG(セダン/ワゴン)」が新たに加わった。

「C230コンプレッサーアバンギャルド」は、「C180コンプレッサー」「C200コンプレッサー」と同型のエンジンながらも、圧縮比の変更などで最高出力191ps/5800rpm、最大トルク26.5kgm/3500-4000rpmを発生するユニットを搭載。バイキセノンヘッドランプや専用デザインシートなどを装備する上級グレードで、さらにスポーティな装備の「スポーツパッケージ」もオプションで用意される。

「C55 AMG」は、「CLK55 AMG」などと同じ、5.4リッターV8 SOHCエンジン(367ps、52.0kgm)を搭載するハイパフォーマンスモデル。大型エンジンを収めるため延長されたフロントノーズや、ワイドフェンダー、18インチホイールなどが外観上の大きな特徴となる。内装にはアルカンタラとナッパレザーを用いたシートなど上級装備が奢られる。

この2種が加わる一方、「C320(セダン/ワゴン)」と「C32 AMG(セダン/ワゴン)」はラインナップから落ちた。

なお、今回の装備変更で価格の改定も行われた。スポーツクーペは最大で11万5500円の値上げ、それ以外はC180コンプレッサーの15万7500円をはじめとして、すべて値下げとなる。

(webCG 本諏訪)

メルセデスベンツ:
http://www.mercedes-benz.co.jp/

 
「メルセデスCクラス」装備変更、価格改定、グレード見直しの画像

【写真上】C230コンプレッサーアバンギャルド
【写真下】C200コンプレッサースポーツクーペエボリューション
 

	【写真上】C230コンプレッサーアバンギャルド
	【写真下】C200コンプレッサースポーツクーペエボリューション
	 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG C63 Sクーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.8.10 試乗記 500psオーバーの高出力を誇る、高性能クーペ「メルセデスAMG C63 Sクーペ」に試乗。高速道路やワインディングロードを走らせてみると、速さだけではない、このハイパフォーマンスカーならではの魅力が見えてきた。
  • スポーティーさが際立つ「メルセデスSLC180」の特別仕様車登場 2017.6.20 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年6月19日、オープン2シーター「メルセデス・ベンツSLC」の特別仕様車「SLC180スポーツ RedArt Edition(レッドアートエディション)」を発表。同年8月31日までの期間限定で注文受け付けを開始した。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
ホームへ戻る