「プジョー307」シリーズにレザー内装の限定車

2004.07.01 自動車ニュース

「プジョー307」シリーズにレザー内装の限定車

プジョージャポンは、「307」ハッチバックの2リッターモデルと、グラスルーフを備える7人乗りワゴン「307SW」に、レザーシートやナカミチ製オーディオを採用した限定モデル「Griffe(グリフ)」を設定。2004年7月16日から台数限定で販売する。

ハッチバック「307グリフ」は、2リッターの「XS」をベースに、ナカミチ製AM/FMラジオ付きCDプレーヤを採用したモデル。インテリアには、同車ハッチバックとしては初めて、レザー内装を奢った。
130台の限定販売で、価格はベース車比19万9500円高の285万6000円。

「307SWグリフ」は、2004年2月に200台限定で販売されたモデルの第2弾で、今回は300台を用意した。
ベース車は3列7人乗りだが、限定車はレザーシートの5人乗りと“ゴージャスな仕様”とした。17インチアルミホイールと205/50ZR17インチタイヤ、ドアステップガード、プロテクションネットも付与する。
価格は、ベース車の7万3500円アップとなる、306万6000円。

(webCGオオサワ)

プジョージャポン:
http://www.peugeot.co.jp/

【関連リンク】
「プジョー307SW」にフルレザーシート仕様の限定車:
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000014722.html

 
「プジョー307」シリーズにレザー内装の限定車の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.23 試乗記 英国のプレミアムSUV「レンジローバー」にディーゼルモデルが登場。本格オフローダーでありながら快適性も要求される“レンジ”とディーゼルの親和性は? そして試乗を通して見えてきたジャガー・ランドローバー喫緊の課題とは?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフヴァリアントTSIハイライン【試乗記】 2017.6.21 試乗記 マイナーチェンジが施された「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。多くのライバルを従えて、今なお普遍的ベンチマークに君臨し続ける理由とは? その進化の度合いとともに確かめた。さらにホットモデルのちょい乗りリポートもお届けする。
ホームへ戻る