「アルファ166」ニューモデル発売

2004.07.01 自動車ニュース

「アルファ166」ニューモデル発売

フィアットオートジャパンは、アルファロメオのフラッグシップサルーン「アルファ166」のニューモデルを、2004年7月10日から販売する。3リッターV6+4AT仕様のみで、標準グレード「3.0 V6 24V スポルトロニック」が555万4500円。レザー内装や電動サンルーフなどが備わる上級グレード「3.0 V6 24V スポルトロニックエグゼクティブ」は599万5500円。

本国では2003年秋にマイナーチェンジを受けたニュー「166」が、日本に導入される。ポイントはデザインのリフレッシュや、快適&安全装備の充実化など。

クーペとサルーンの融合を謳うエクステリアは、アルファロメオデザインセンターの手によって、フロントマスクを最新のアルファロメオ流に変更。新型「156」を思い出させる、縦長のフロントグリルと切れ長のヘッドライトユニットが与えられた。ボディサイズは従来と同じ、全長×全幅×全高=4730×1815×1445mm、ホイールベースは2700mm。パワートレインは変わらず、3リッターV6(220ps、27.0kgm)に、シーケンシャルモード「スポルトロニック」付き4段ATの組み合わせという内容だ。

装備面では、従来オプション設定のクルーズコントロール、ステアリングホイール上のオーディオコントロールスイッチを標準とし、使い勝手を向上。フラッグシップにふさわしく、フルオートエアコンや10スピーカー付きHi-Fiサウンドシステム、GPSナビゲーションシステムなどの快適装備は全車が標準装備する。上級グレード「エグゼクティブ」は、これに加えて、レザーシートや前席シートヒーター、電動ガラスサンルーフが付く。
安全装備は、新たに前席ウィンドウエアバッグを装備。ヘッドライトに、ハイ&ロービーム兼用のバイキセノンヘッドライトを採用し、視認性を高めた。

(webCGオオサワ)

アルファロメオ:
http://www.alfaromeo-jp.com/

 
「アルファ166」ニューモデル発売の画像

関連キーワード:
アルファ166アルファ・ロメオ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)/ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.20 試乗記 フィアットが50億ユーロを投資して復活させたアルファ・ロメオ。その第1弾である「ジュリア」の走りには、われわれがアルファと聞いて想像するものが確かにあった。これは実に見事な復活劇だ! 4WDの「ヴェローチェ」と、FRの「スーパー」に試乗した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【レビュー】 2017.11.10 試乗記 アルファ・ロメオの新型スポーツセダン「ジュリア」がいよいよ日本の道に現れた。510psを誇るフラッグシップの「クアドリフォリオ」。その走りに、ドライバーを鼓舞する、あのアルファならではの“クオーレスポルティーボ”はあるのだろうか?
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記