「アルファ166」ニューモデル発売

2004.07.01 自動車ニュース

「アルファ166」ニューモデル発売

フィアットオートジャパンは、アルファロメオのフラッグシップサルーン「アルファ166」のニューモデルを、2004年7月10日から販売する。3リッターV6+4AT仕様のみで、標準グレード「3.0 V6 24V スポルトロニック」が555万4500円。レザー内装や電動サンルーフなどが備わる上級グレード「3.0 V6 24V スポルトロニックエグゼクティブ」は599万5500円。

本国では2003年秋にマイナーチェンジを受けたニュー「166」が、日本に導入される。ポイントはデザインのリフレッシュや、快適&安全装備の充実化など。

クーペとサルーンの融合を謳うエクステリアは、アルファロメオデザインセンターの手によって、フロントマスクを最新のアルファロメオ流に変更。新型「156」を思い出させる、縦長のフロントグリルと切れ長のヘッドライトユニットが与えられた。ボディサイズは従来と同じ、全長×全幅×全高=4730×1815×1445mm、ホイールベースは2700mm。パワートレインは変わらず、3リッターV6(220ps、27.0kgm)に、シーケンシャルモード「スポルトロニック」付き4段ATの組み合わせという内容だ。

装備面では、従来オプション設定のクルーズコントロール、ステアリングホイール上のオーディオコントロールスイッチを標準とし、使い勝手を向上。フラッグシップにふさわしく、フルオートエアコンや10スピーカー付きHi-Fiサウンドシステム、GPSナビゲーションシステムなどの快適装備は全車が標準装備する。上級グレード「エグゼクティブ」は、これに加えて、レザーシートや前席シートヒーター、電動ガラスサンルーフが付く。
安全装備は、新たに前席ウィンドウエアバッグを装備。ヘッドライトに、ハイ&ロービーム兼用のバイキセノンヘッドライトを採用し、視認性を高めた。

(webCGオオサワ)

アルファロメオ:
http://www.alfaromeo-jp.com/

 
「アルファ166」ニューモデル発売の画像

関連キーワード:
アルファ166アルファ・ロメオ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.24 試乗記 いよいよ日本にも導入されたファン待望のスポーツセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」。そのラインナップのなかから、今回は280psを発生する「ヴェローチェ」の4WDに試乗。その走りの特徴を、アルファの4WDの歴史とともに紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(FR/8AT)【試乗記】 2018.5.3 試乗記 プレミアムブランドとしての復権をもくろむアルファ・ロメオが、満を持して投入したDセグメントのスポーツセダン「ジュリア」。新たに設定された280psのFRモデルに試乗し、新世代アルファの課題を浮き彫りにする。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
ホームへ戻る