「アルファ166」ニューモデル発売

2004.07.01 自動車ニュース

「アルファ166」ニューモデル発売

フィアットオートジャパンは、アルファロメオのフラッグシップサルーン「アルファ166」のニューモデルを、2004年7月10日から販売する。3リッターV6+4AT仕様のみで、標準グレード「3.0 V6 24V スポルトロニック」が555万4500円。レザー内装や電動サンルーフなどが備わる上級グレード「3.0 V6 24V スポルトロニックエグゼクティブ」は599万5500円。

本国では2003年秋にマイナーチェンジを受けたニュー「166」が、日本に導入される。ポイントはデザインのリフレッシュや、快適&安全装備の充実化など。

クーペとサルーンの融合を謳うエクステリアは、アルファロメオデザインセンターの手によって、フロントマスクを最新のアルファロメオ流に変更。新型「156」を思い出させる、縦長のフロントグリルと切れ長のヘッドライトユニットが与えられた。ボディサイズは従来と同じ、全長×全幅×全高=4730×1815×1445mm、ホイールベースは2700mm。パワートレインは変わらず、3リッターV6(220ps、27.0kgm)に、シーケンシャルモード「スポルトロニック」付き4段ATの組み合わせという内容だ。

装備面では、従来オプション設定のクルーズコントロール、ステアリングホイール上のオーディオコントロールスイッチを標準とし、使い勝手を向上。フラッグシップにふさわしく、フルオートエアコンや10スピーカー付きHi-Fiサウンドシステム、GPSナビゲーションシステムなどの快適装備は全車が標準装備する。上級グレード「エグゼクティブ」は、これに加えて、レザーシートや前席シートヒーター、電動ガラスサンルーフが付く。
安全装備は、新たに前席ウィンドウエアバッグを装備。ヘッドライトに、ハイ&ロービーム兼用のバイキセノンヘッドライトを採用し、視認性を高めた。

(webCGオオサワ)

アルファロメオ:
http://www.alfaromeo-jp.com/

 
「アルファ166」ニューモデル発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリア(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.6.7 試乗記 アルファ・ロメオのFRセダンが懐かしい名前とともに帰ってきた。510psを誇る「ジュリア クアドリフォリオ」を頂点に据えた新しい「ジュリア」ファミリー。その仕上がり具合を、故郷イタリアのテストコースと公道で試した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア【海外試乗記】 2016.7.6 試乗記 アルファ・ロメオにとって久々のFRセダン「ジュリア」が、いよいよデビューを果たした。本国イタリアでの試乗を通して見えてきた、ドイツのライバルとも、これまでのアルファとも違うスポーティネスの形をリポートする。
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ 2016.11.17 画像・写真 FCAは2016年11月16日、LAショーで新型SUV「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ」を発表した。今回は2.9リッターV6ツインターボエンジン(510ps)を搭載する4WDモデルの「ステルヴィオ クアドリフォリオ」が公開された。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ 2016.9.28 画像・写真 FCAはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で、「アルファ・ロメオ・ジュリア」の新しいバリエーション「ジュリア ヴェローチェ」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る