第144回:「ジャガーXタイプエステート」に試乗 案外カッコいい“スノーボーダーの長嶋さん”!?

2004.07.01 小沢コージの勢いまかせ!

第144回:「ジャガーXタイプエステート」に試乗 案外カッコいい“スノーボーダーの長嶋さん”!?

 
第144回:「ジャガーXタイプエステート」に試乗 案外カッコいい“スノーボーダーの長嶋さん”!?の画像
 
第144回:「ジャガーXタイプエステート」に試乗 案外カッコいい“スノーボーダーの長嶋さん”!?の画像
 
第144回:「ジャガーXタイプエステート」に試乗 案外カッコいい“スノーボーダーの長嶋さん”!?の画像

■近づいてきた

ちょっと前の話ですけど、ヨーロッパで「ジャガーXタイプエステート」に乗ってきました。そしたら、もう国内試乗会をやるんだってね。その前に報告します。

最初はあんまり期待してなかったのね。なぜってベースの「Xタイプ」セダンが俺的にイマイチだったから。あのジャガースタイルのわかりやすさ、コンパクトなサイズはとてもいいと思う。だけど全体の質感、特に走りの質感が全然好きになれない。正直、重ったるいでしょ。「いや、あれがジャガーの滑らかさ、スポーティさなんだ」と諭してくれる年上ジャーナリストの方々も多いんだけど、俺にはサッパリわからなかった。昔のジャガーの滑らかさとは、全然違うと思うんだけどなぁ。もっと軽くて繊細で……。ってなわけで特になにも考えず、ボーッと試乗に臨みました。そしたらね、なんか意外にいいんですよ。もちろん、走り味には相変わらず不満アリなんだけど、別の方角から漠然と俺たちに近づいてきた気がする。

 
第144回:「ジャガーXタイプエステート」に試乗 案外カッコいい“スノーボーダーの長嶋さん”!?の画像
 
第144回:「ジャガーXタイプエステート」に試乗 案外カッコいい“スノーボーダーの長嶋さん”!?の画像
 
第144回:「ジャガーXタイプエステート」に試乗 案外カッコいい“スノーボーダーの長嶋さん”!?の画像

■ジャガーの“外し”

勝手にいわせてもらうと、今のジャガーの根本的問題って、ブランドイメージは高いけど、それを上手にカジュアルな方向に落とせていないところにあるんじゃないでしょうか。XタイプにせよSタイプにせよ、値段はほどよく安いし雰囲気もあるんだけど、イメージがオヤジくさい。BMWやベンツほど、個性的なハイクオリティがないのもツラい。正直「Cクラス」「3シリーズ」と比較して、「絶対コッチしかない」というポイントがないでしょう。消去法で選ぶことはあるかもしれないけど。

だけど、エステートではそれがなんとなく補われてるわけよ。その理由は、単純にエステートになったことと、リアビューが想像以上にモダンだったコト。
やっぱねぇ、後ろに荷室が付くと、不思議とオヤジ臭さが取れるんだよねぇ。たとえばそれは、ジジイ世代(すいません)の象徴のような長嶋茂雄さんでも、スノーボーダーのカッコすると案外若々しく見えるようなもん……たぶんね。見たことないけど。
実際のリアスタイルが、あんなにプレーンで、現代的なデザインになるとは思いませんでした。

 
第144回:「ジャガーXタイプエステート」に試乗 案外カッコいい“スノーボーダーの長嶋さん”!?

それからね、広告写真を見たんだけど、ジャガーで雪山に行ったカットが使われていて、「ああそうか、こういうイメージなのか……」って思った。
ジャガーでスキー、もしくはスノボ。それって完全に“外し”だよね。結構、予想外。ジャガーXタイプエステート。実はジャガーイメージを、予想以上にブレイクスルーさせる存在なのかもしれません。

(文=小沢コージ/2004年7月)

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

関連記事
  • ジャガーXタイプ 2.0 V6 SEエステート【ブリーフテスト】 2004.8.19 試乗記 価格=524万6500円
    総合評価……★★★★

    ライフスタイルアイテムとして、実用車として市民権を得たワゴン市場に、高級サルーンで知られるジャガーが送り込んだ「Xタイプエステート」。2.1リッターのベーシックグレードに乗った、自動車ジャーナリスト生方聡は何を感じたか?


  • ジャガーXタイプ2.5 V6 SEエステート(5AT)【短評(前編)】 2004.7.28 試乗記 ジャガーXタイプ2.5 V6 SEエステート(5AT)
    ……568.1万円

    2004年7月17日から、日本での販売が始まった「ジャガーXタイプエステート」。Xタイプセダンを日ごろのアシにする『webCG』エグゼクティブディレクターは、ワゴンボディをどう見るのか? 箱根からの報告。


  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ジャガーXタイプ2.5 V6 SEエステート(5AT)【短評(後編)】 2004.7.29 試乗記 ジャガーXタイプ2.5 V6 SEエステート(5AT)
    ……568.1万円

    日本でもリリースされた「ジャガーXタイプエステート」。Xタイプ“初期型”セダンを日常のアシとする『webCG』エグゼクティブディレクター、大川悠が箱根で乗って……。


  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
ホームへ戻る