第144回:「ジャガーXタイプエステート」に試乗 案外カッコいい“スノーボーダーの長嶋さん”!?

2004.07.01 小沢コージの勢いまかせ!

第144回:「ジャガーXタイプエステート」に試乗 案外カッコいい“スノーボーダーの長嶋さん”!?

 
第144回:「ジャガーXタイプエステート」に試乗 案外カッコいい“スノーボーダーの長嶋さん”!?の画像
 
第144回:「ジャガーXタイプエステート」に試乗 案外カッコいい“スノーボーダーの長嶋さん”!?の画像
 
第144回:「ジャガーXタイプエステート」に試乗 案外カッコいい“スノーボーダーの長嶋さん”!?の画像

■近づいてきた

ちょっと前の話ですけど、ヨーロッパで「ジャガーXタイプエステート」に乗ってきました。そしたら、もう国内試乗会をやるんだってね。その前に報告します。

最初はあんまり期待してなかったのね。なぜってベースの「Xタイプ」セダンが俺的にイマイチだったから。あのジャガースタイルのわかりやすさ、コンパクトなサイズはとてもいいと思う。だけど全体の質感、特に走りの質感が全然好きになれない。正直、重ったるいでしょ。「いや、あれがジャガーの滑らかさ、スポーティさなんだ」と諭してくれる年上ジャーナリストの方々も多いんだけど、俺にはサッパリわからなかった。昔のジャガーの滑らかさとは、全然違うと思うんだけどなぁ。もっと軽くて繊細で……。ってなわけで特になにも考えず、ボーッと試乗に臨みました。そしたらね、なんか意外にいいんですよ。もちろん、走り味には相変わらず不満アリなんだけど、別の方角から漠然と俺たちに近づいてきた気がする。

 
第144回:「ジャガーXタイプエステート」に試乗 案外カッコいい“スノーボーダーの長嶋さん”!?の画像
 
第144回:「ジャガーXタイプエステート」に試乗 案外カッコいい“スノーボーダーの長嶋さん”!?の画像
 
第144回:「ジャガーXタイプエステート」に試乗 案外カッコいい“スノーボーダーの長嶋さん”!?の画像

■ジャガーの“外し”

勝手にいわせてもらうと、今のジャガーの根本的問題って、ブランドイメージは高いけど、それを上手にカジュアルな方向に落とせていないところにあるんじゃないでしょうか。XタイプにせよSタイプにせよ、値段はほどよく安いし雰囲気もあるんだけど、イメージがオヤジくさい。BMWやベンツほど、個性的なハイクオリティがないのもツラい。正直「Cクラス」「3シリーズ」と比較して、「絶対コッチしかない」というポイントがないでしょう。消去法で選ぶことはあるかもしれないけど。

だけど、エステートではそれがなんとなく補われてるわけよ。その理由は、単純にエステートになったことと、リアビューが想像以上にモダンだったコト。
やっぱねぇ、後ろに荷室が付くと、不思議とオヤジ臭さが取れるんだよねぇ。たとえばそれは、ジジイ世代(すいません)の象徴のような長嶋茂雄さんでも、スノーボーダーのカッコすると案外若々しく見えるようなもん……たぶんね。見たことないけど。
実際のリアスタイルが、あんなにプレーンで、現代的なデザインになるとは思いませんでした。

 
第144回:「ジャガーXタイプエステート」に試乗 案外カッコいい“スノーボーダーの長嶋さん”!?

それからね、広告写真を見たんだけど、ジャガーで雪山に行ったカットが使われていて、「ああそうか、こういうイメージなのか……」って思った。
ジャガーでスキー、もしくはスノボ。それって完全に“外し”だよね。結構、予想外。ジャガーXタイプエステート。実はジャガーイメージを、予想以上にブレイクスルーさせる存在なのかもしれません。

(文=小沢コージ/2004年7月)

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXタイプ 2.0 V6 SEエステート【ブリーフテスト】 2004.8.19 試乗記 価格=524万6500円
    総合評価……★★★★

    ライフスタイルアイテムとして、実用車として市民権を得たワゴン市場に、高級サルーンで知られるジャガーが送り込んだ「Xタイプエステート」。2.1リッターのベーシックグレードに乗った、自動車ジャーナリスト生方聡は何を感じたか?


  • ジャガーXタイプ 2.0V6(5AT)【試乗記】 2002.5.24 試乗記 ジャガーXタイプ 2.0V6(5AT)
    ……365.0万円

    2002年5月21日、ジャガー「Xタイプ」に2.1リッターV6を搭載したエントリーモデル「X 2.0V6」のプレス向け試乗会が、千葉県は木更津で開催された。『Car graphic』の長期テスト車として、上級モデル「X 2.5SE」に乗る大川悠webCGエグゼクティブディレクターは、Xタイプの末弟に乗り、(ちょっと)悔しい思いをしたという。


  • ジャガーXタイプエステート(5AT)【海外試乗記】 2004.7.7 試乗記 ジャガーXタイプエステート(5AT)

    フォードグループ内のプレミアムブランドとして拡大路線を採るジャガー。ボリュームモデル「Xタイプ」に同社初のワゴンを用意して、さらなるシェア増大を目指す。自動車ジャーナリスト河村康彦が報告する。


  • ジャガーXタイプ2.5 V6 SEエステート(5AT)【短評(後編)】 2004.7.29 試乗記 ジャガーXタイプ2.5 V6 SEエステート(5AT)
    ……568.1万円

    日本でもリリースされた「ジャガーXタイプエステート」。Xタイプ“初期型”セダンを日常のアシとする『webCG』エグゼクティブディレクター、大川悠が箱根で乗って……。


  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
ホームへ戻る