第143回:「クライスラーPTクルーザーカブリオ」郷に入れば郷に従えの心理(!?)

2004.06.30 エッセイ

第143回:「クライスラーPTクルーザーカブリオ」郷に入れば郷に従えの心理(!?)

 
第143回:「クライスラーPTクルーザーカブリオ」郷に入れば郷に従えの心理(!?)の画像
 
第143回:「クライスラーPTクルーザーカブリオ」郷に入れば郷に従えの心理(!?)の画像

■ほつれたアロハシャツ

「クライスラーPTクルーザーカブリオ」に乗ってきました。正直、あんまり期待してなかったんですけどね。なぜって俺はPTクルーザーがあまり好きじゃないから。
だって、顔だけデカいじゃないですか。身体は寸詰まりで、顔だけ大人。まるでニコちゃん大王(Dr.スランプに出てくる宇宙人キャラ)か、荷台の付いてないトレーラーみたい。
なにより、根本的にアメ車の作りの甘さが、どうにも納得できない。「大らかでいい!」ってのはわからんでもないけど、あきらかに日本車、ドイツ車、フランス車に比べてショボい。俺は「努力が認められる世のなか」が好きなので、惰眠を貪るようなつくり(に感じる)アメ車はキライである。妙に原理主義っぽいリクツではありますが……。

 
第143回:「クライスラーPTクルーザーカブリオ」郷に入れば郷に従えの心理(!?)の画像
トランク開口部が低い位置にあり、開けると手前に張り出してくるので、荷物の出し入れはしにくいかも。
トランク開口部が低い位置にあり、開けると手前に張り出してくるので、荷物の出し入れはしにくいかも。

しかし、しかしですね、PTクルーザー・カブリオはイイなと思った。相変わらずクライスラーらしく、インパネとかスイッチ類とかしょぼいし、全体的に漂う”ブランド品感”はうす〜いの。
ところが、あまりにアメリカンなクルマなので、“カリフォルニア”とか“ハワイ”みたいなシチュエーションに入ると許せてしまう。試乗会が逗子マリーナで開かれ、天気がドピーカンってのにヤラれたかな。カッコいい〜と思ってしまいました。

たとえば、ハワイに行って、縫い目がほつれたアロハシャツ買っても「これもよし!」、もしくはメキシコで、中身が揃ってないコロナビール飲んでも「メキシコはいい加減なトコロがイイねぇ〜」なーんて思っちゃうようなもんよ。郷に入れば郷に従えっての? オープン4シーターは多少ボロくっても、それなりに華やかなら許せてしまうという心理。

開口部が低いが、容量は210リッターある。
開口部が低いが、容量は210リッターある。
おまけに、後席は50:50のダブルフォールディング式で、最大377リッターまで拡大できる。
おまけに、後席は50:50のダブルフォールディング式で、最大377リッターまで拡大できる。
【スペック】
全長×全幅×全高=4330×1750×1540mm/ホイールベース=2615mm/車重=1520kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4 DOHC16バルブ(143ps/5200rpm、21.8kgm/4000rpm)/価格=333.9万円
【スペック】
	全長×全幅×全高=4330×1750×1540mm/ホイールベース=2615mm/車重=1520kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4 DOHC16バルブ(143ps/5200rpm、21.8kgm/4000rpm)/価格=333.9万円

■マジメで便利

それからですね、このカブリオ、意外とつくりがよかったのだ。インパネのメタリックパネルとか、シフトのプラスティック素材がほどよく上質感を出してることに加え、リアシートや荷室の広さがイイ。俺は「プジョー206CC」も持ってたし、モーターショーで「MINIコンバーチブル」に座ってみたので、世界のオープン4シーターの後席居住レベルは知ってる。それらと比較しても、ハッキリいって立派です、PTクルーザーカブリオ。それからトランクも、荷物を真上から入れられないのはツライけど、幌を上げようが下げようが容量は210リッターもある。エンジンは、セダンの2リッターから2.4リッターに排気量アップされてて余裕あるし、カブリオとして非常にマジメに、なおかつ便利につくられてる、と思いました。

欲をいえば、走りにもうちょっと剛性感があるといいけど。ブレーキにもちょっと不安が残る。でもまあ、箱根ターンパイクを飛ばしたりしないからね、このクルマは。
お値段も333.9万円と手ごろだし、スタイルさえ気にいればオススメです。

(文と写真=小沢コージ/2004年6月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

PTクルーザー カブリオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

関連記事
  • クライスラー・クロスファイア(5AT)【試乗記】 2004.1.29 試乗記 クライスラー・クロスファイア(5AT)
    ……490.0万円

    ダイムラーとクライスラーが合併した恩恵で(?)生まれた、「メルセデスベンツSLK」ベースのクライスラー車「クロスファイア」。自動車ジャーナリストの渡辺慎太郎は、“SLK風味”が濃いアメ車に乗って、あることに気が付いた。


  • クライスラー・クロスファイアロードスター(5AT)【試乗記】 2005.1.24 試乗記 クライスラー・クロスファイアロードスター(5AT)
    ……540万7500円

    クライスラーとメルセデスの合作オープン2シーター「クロスファイアロードスター」。「メルセデスベンツSLK」が新世代となる中、先代「SLK」のコンポーネンツを使ったこのクルマの走りはどうなのか? webCG本諏訪裕幸が乗った。


  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • 第18回 ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 エッセイ 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
  • シトロエンC4ピカソ エクスクルーシブ(FF/6AT)【試乗記】 2015.3.4 試乗記 日本車ともドイツ車とも一味違うシトロエンのミニバン「C4ピカソ」に試乗。「よくできている」というだけでは表現しきれない、独特の魅力に触れた。
ホームへ戻る