マツダの新型「ベリーサ」デビュー!

2004.06.28 自動車ニュース
 

マツダの新型「ベリーサ」デビュー!

マツダは、新しいコンパクトワゴン「ベリーサ(VERISA)」を、2004年6月28日に発売した。


【写真上】「ベリーサ」のイメージキャラクターは、写真家の桐島ローランド(写真右)と、モデルの川原亜矢子(中央)。左にいるのは、マツダの井巻久一社長兼CEO
 

■国内専用、“デミオ上級版”

「マツダ・ベリーサ」のテーマは、主に内外デザインで表現したという「センスの良さ」。「デミオ」ベースのボディは、全長×全幅×全高=3975×1695×1530mm、ホイールベース=2490mmと、デミオ(3925×1680×1530mm、ホイールベースは同じ)とほとんど変わらず。やはりデミオと同じ1.5リッター「ZY-VE型」直4ユニット(113ps、14.3kgm)を載せ、国内市場向けにあつらえた、いわば“デミオ上級版”である。



 

トランスミッションは4段ATのみ。FFに加え、デミオでもお馴染みの、後輪をモーターでオンデマンド駆動する電気4WD「e-4WD」も設定する。

ラインナップはシンプルで、FF(153万3000円)とヨンク(172万7250円)の2車種。これに、「ドレスアップパッケージ」(4万2000円)や「レザーパッケージ」(9万4500円)といったメーカーオプションを組み合わせるカタチだ。

「モノ選びやライフスタイルに『自分らしい上質さ』『こだわり』を求める30代のカップル」(プレスリリース)をメインターゲットとするベリーサ。月の販売目標台数は2500台だ。



 

■デミオとの一番の違いは……

「シックで上質な個性を追求した内外装デザイン」(プレスリリース)は、デミオとの一番の違い。
伸びやかなラウンドシェイプをベースに、面の張りやコントラストの強調などでハイクオリティを表現。また丁寧なつくりこみをすることで「クラフトマンシップ」感も出したという。サイドビューなどは、どことなく「MINI」に似ている(!?)。

インテリアでもラウンドを基調とすることで、広がりとくつろぎを演出。チタン調の継ぎ目のないセンターパネルには、2つの大きなエアコン吹き出し口が上に、オーディオ操作系が中央に、空調系が下に配される。オプションのDVDカーナビの7型モニターは、この最上からせり出す仕組みだ。



 

装備面でのポイントは、メーカーオプションとして用意される「ミュージックHDD(ハードディスクドライブ)」(本体+6スピーカー+リモコンスイッチ付きステアリングホイールのセットで6万8250円)。内蔵HDDに約3000曲を収録でき、CDからは簡単な操作でリッピング(曲の取り出し、データ化)できるという。

カードタイプのキーを携帯しているだけでドア/リアハッチのロック・アンロック、エンジンの始動・停止ができる「アドバンストキーレスシステム」は標準装備。さらに、助手席側のグローブボックスには、可倒式の「メイクアップミラー」なるものを備え、「車外からの視線を気にすることなくお化粧直しをしたいという女性の声を反映した」(プレスリリース)。


ラゲッジスペースには「フレキシブルボード」なる装備を採用。二つ折りできるスペースの間仕切りで、タイヤハウス上にボードを設置すれば上段に浅いスペースができ、また下段にすれば上段に広いスペース+下段にサブスペースと、使い分けが可能。下段に設定して後席を畳めば、フラットなフロアの荷室をつくれる。
 

静粛性もベリーサのセリングポイント。大型の高剛性フロントサスクロスメンバーや、抑振材を最適配置することなどにより、サスペンションからの振動を低減。加えて、Aピラーの断面形状に工夫をこらすことにより、風切り音の原因となる気流の乱れを抑え、「高速走行時でもリラックスして音楽や会話が楽しめる」ようにした。


エンジンは、「デミオ」と同じ1.5リッター直4「MZR」ユニット
 

■基本はデミオ

パワーユニットは、フォードグループの主力エンジン「MZR」の1.5リッター4気筒。アウトプットはデミオと同じで、最高出力113ps/6000rpm、最大トルク14.3kgm/4000rpmを発生。4段オートマチックを組み合わせる。

4WDシステムは、専用ジェネレーターで発電した電力を用いて後輪モーターを駆動する電気式4WD「e-4WD」。前輪のスリップを感知して後輪を回すオンデマンドタイプで、機械式4WDと比べ余分な力をロスしないため燃費向上に寄与するという。
その燃費は、FF車で16.8km/リッター、4WDは16.0km/リッターと、デミオと変わらない。



 

全車、グリーン税制に適合。「SU-LEV(平成17年基準排出ガス75%低減レベル)」認定取得に加え、「平成22年度燃費基準+5%」(4WDは平成22年度燃費基準のみ)をクリアする。

サスペンション形式は、前マクファーソンストラット、後ト−ションビームと、やはりデミオと同じ。タイヤサイズは185/55R15、ホイールは15×6Jで、4万7250円で15インチアルミホイールのオプションを選べる。

(webCG 有吉)

マツダ「ベリーサ」:
http://www.verisa.mazda.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ベリーサ(4AT)【試乗記】 2004.7.22 試乗記 マツダ・ベリーサ(4AT)
    ……222万750円

    「車格という従来の概念を打ち破る新しいクルマ」としてリリースされた「マツダ・ベリーサ」。上質なコンパクトを標榜するそれは、どうなのか? 自動車ジャーナリストの笹目二朗が、第一印象を報告する。


  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • ボルボ、AUTOMOBILE COUNCIL 2017の出展概要を発表 2017.7.14 自動車ニュース AUTOMOBILE COUNCIL 2017実行委員会は2017年7月14日、千葉・幕張メッセで開催される自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2017」(開催期間:8月4日~6日)における、ボルボ・カー・ジャパンの出展概要を発表した。
ホームへ戻る