最終生産型「アウディRS6アバント」、特別仕様車は限定20台

2004.06.25 自動車ニュース

最終生産型「アウディRS6アバント」、特別仕様車は限定20台

アウディジャパンは、「アウディA6アバント」の高性能バージョン「RS6アバント」に、内外装に特別装備を付与した「RS6 plus」を設定、2004年7月1日に発売する。販売台数は20台限定で、価格は1315.0万円。

特別仕様車「アウディRS6 plus」は、「アウディ史上最強モデル」(プレスリリース)の「RS6アバント」に豪華装備を与えたもの。
「エボニーブラックパールエフェクト」に彩られたボディを、チタンカラーの5スポークアルミホイールとリア濃色ガラスがスポーティに演出。インテリアは、バルコナレザーを用いた「アウディエクスクルーシブ」レザーパッケージでコーディネートした。さらに、RS6専用アルミ製ペダルとフロアマット、シリアルナンバー入りプレートなどでスペシャル感を煽る。価格は、ベース車より55.0万円高い1315.0万円だ。

「アウディRS6」シリーズは、最高出力450ps、最大トルク57.1kgmを発する4.2リッターV8ツインターボを搭載したハイパフォーマンス4WD。ベースとなる「A6」シリーズのニューモデルが2004年のジュネーブショーで発表されたことでRS6も世代交代を迎え、今回の特別仕様車が現行RS6シリーズの最終生産モデルとなる。

(webCGオオサワ)

アウディジャパン:
http://www.audi.co.jp/

 
最終生産型「アウディRS6アバント」、特別仕様車は限定20台の画像

関連キーワード:
RS 6アバントアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4アバント2.0 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.10 試乗記 2016年4月に国内販売がスタートした、最新型の「アウディA4アバント」に試乗。6代目となったアウディブランドの代表的ワゴンは、どんなクルマに仕上がっているのか? 走行性能や乗り心地、使い勝手を報告する。
  • アウディA4アバント2.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.6.21 試乗記 アウディといえば四輪駆動のクワトロにとどめを刺すが、FFモデルも侮ってはいけない。「A4アバント2.0 TFSIスポーツ」に乗れば、透明で清涼感に満ちた新しいアウディが味わえる。「らしさ」が再定義されていることに気づくはずだ。
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • 第55回:中古車の愛と誠 2017.8.22 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第55回は「中古車の愛と誠」。検討中の「BMW 320d」を見たいと、海千山千の中古ドイツ車専門店を訪れた筆者。だが、そこには驚くべき現実が待っていいた。買うべきか、買わざるべきか。中古車店の値付けにモノ申す。
ホームへ戻る