「BMW 3シリーズセダン」にお買い得感を出した特別限定車

2004.06.25 自動車ニュース

「BMW 3シリーズセダン」にお買い得感を出した特別限定車

BMWジャパンは、「BMW 3シリーズセダン」に、スペシャルボディカラーなどを与えた特別仕様車「320i SportyDiamond(スポーティダイヤモンド)」を設定。2004年7月10日から販売を開始する。500台の限定販売で、価格は491.4万円。

特別仕様車「320i SportyDiamond」は、2003年の東京モーターショーに出展された「330Ciカブリオレ」と同じ、M Individual社のボディカラー「ダイヤモンドメタリック」で塗られた仕様。多層コーティング処理により、見る角度や光の加減で様々な色合いを見せるという。
インテリアをレザーやウッドトリムなどで豪奢な仕様としたうえ、スポーツサスペンションやスポーツシートなどを装着し、エレガンスとスポーティを両立したという。さらに、センターコンソールには、シリアルナンバーを刻印したプレートを添付し、プレミアム感の演出も怠らない。
装備内容は約100万円だというが、価格はベース車比約34万円高の491.4万円に抑え、お買い得感を出した。

(webCGオオサワ)

BMWジャパン:
http://www.bmw.co.jp/

 
「BMW 3シリーズセダン」にお買い得感を出した特別限定車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • メルセデス・ベンツE220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)(FR/9AT)【試乗記】 2017.2.20 試乗記 高い実用性を誇るのはもちろん、「Eクラス セダン」と同様の安全性と快適性を実現したとうたわれる「Eクラス ステーションワゴン」。「E220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」に試乗し、その実力を試した。
ホームへ戻る