「クライスラーPTクルーザー」にオープンモデル登場

2004.06.23 自動車ニュース
 

「クライスラーPTクルーザー」にオープンモデル登場

ダイムラークライスラー日本は、「PTクルーザー」のオープンモデル「PTクルーザーカブリオリミテッド」を、2004年6月23日に発表した。販売は7月1日から。


2.4リッター直4 DOHC16バルブは、ハッチバック車に搭載される2リッターユニット比で7psと2.6kgmアウトプットを増し、143ps/5200rpmと21.8kgm/4000rpmを発生。車重は1520kgと60kg増えた。
 

かつて“日本車キラー”として騒がれ(そしてあっという間に忘れ去られ!?)た「ネオン」をベースに、クラシカルな外観、モダンなインテリアを載せたアメリカンコンパクト「PTクルーザー」に、4座オープン「PTクルーザーカブリオ」が加わった。

ハッチモデルから433ccボリュームアップした2.4リッター直4(143ps、21.8kgm)を搭載。トランスミッションは4段ATが組み合わされる。グレードは、レザーシートやシートヒーターを装備する上級「リミテッド」のみで、価格はセダンの同グレードより29.4万円高い、333.9万円だ。


「PTクルーザーカブリオ」は、ハッチモデル同様、メキシコのクライスラー工場で生産される。
 

PTクルーザーと見まがうような外観のカブリオだが、ボディは専用設計。ドア枚数を4枚から2枚に変更、左右ドアはセダンより188mm長く、ソフトトップをもつ全高は90mm低くなった。全長4330mm、全幅1750mm、ホイールベース2615mmは変わらない。
トップの開閉は、前端のレバーでロックを外してスイッチを押す電動式。オープン/クローズの所要時間は約10秒だ。オープン時の外観を特徴付ける、前後席の間に設けられた「スポーツバー」は、見た目だけでなく、安全性向上、走行時の風の巻き込み低減、静粛性やノイズを抑える効果があるという。


前後席間に設けられた「スポーツバー」は、デザイン上のみならず、安全性向上、風の巻き込み低減、静粛性アップなどに寄与するという。
 

インテリアは、カブリオ専用のツートンカラー仕様で、シート表皮やトリムにはレザーが奢られる。
前席を可倒式スライドシートとして、後席への乗降性に配慮。リアシートは50:50のダブルフォールディング式で、9通りのシートアレンジを実現、と高い実用性もウリとする。

PTクルーザーは、デザインコンシャスな昨今のクライスラーを代表する車種。日本では2000年7月の導入から04年4月までに9000台強を販売。全世界では累計60万台をリリースした。

(webCGオオサワ)

クライスラージャパン:
http://www.chrysler-japan.com/

関連キーワード:
PTクルーザー カブリオクライスラー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • クライスラー・クロスファイアロードスター(5AT)【海外試乗記】 2004.6.29 試乗記 クライスラー・クロスファイアロードスター(5AT)

    クライスラーのデザインとメルセデスのコンポーネンツが合体したスポーツカー「クロスファイア」。そのオープンモデルに、『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が、フランスで乗った。


  • クライスラー・クロスファイア(5AT)【試乗記】 2004.1.29 試乗記 クライスラー・クロスファイア(5AT)
    ……490.0万円

    ダイムラーとクライスラーが合併した恩恵で(?)生まれた、「メルセデスベンツSLK」ベースのクライスラー車「クロスファイア」。自動車ジャーナリストの渡辺慎太郎は、“SLK風味”が濃いアメ車に乗って、あることに気が付いた。


  • ホンダ・スーパーカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.3.10 試乗記 今年でデビュー60周年! 1958年の誕生以来、世界中で人々の生活を支えてきた「ホンダ・スーパーカブ」だが、その魅力はただ便利で実用的なだけではなかった。“丸目ランプ”を取り戻した最新モデルの試乗を通し、カブならではのライディングの楽しさに触れた。
  • シトロエン、「C3」に装備追加し価格をアップ 2018.3.22 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年3月22日、コンパクトハッチバック「シトロエンC3」の標準装備を強化し、販売を開始した。価格は「フィール」が従来から3万円アップの219万円、「シャイン」が同じく4万円アップの243万円。
  • キャデラックSTS 4.6(5AT)/STS 3.6(5AT)【試乗記】 2004.11.30 試乗記 キャデラックSTS 4.6 (5AT)/STS 3.6(5AT)
    ……825.0万円/695.0万円

    “アート&サイエンス”デザイン、FRプラットフォームなど、新世代キャデラックの技術を投入してつくられたミドルサルーン「STS」。4.6リッターと3.6リッターモデルに、自動車ジャーナリストの笹目二朗が乗った。


ホームへ戻る