サーブ 、携帯アルコール検知機「Alcokey(アルコキー)」を公開

2004.06.23 自動車ニュース

サーブ 、携帯アルコール検知機「Alcokey(アルコキー)」を公開

サーブは、自動車の鍵にアルコール探知機能を付けた「アルコキー」なる試作品を、2004年6月22日に公開した。

「アルコキー」は、自動車のキーユニットにアルコール検知機能を付けたもの。ドライバーが息を吹き込むと、呼気に含まれるアルコール量を測定し、許容範囲を超えた場合はイモビライザーを制御。エンジンが始動できなくなる仕組みだ。

飲酒運転が問題視されるのは日本だけではないようで、2003年の死亡事故に飲酒運転が占める割合は、サーブの母国スウェーデンで29%、欧州で25%に達するという。この状況を受け、サーブはドライバーのアルコール摂取量を測る、小型装置の開発に着手。このたびお披露目となった。
アルコキーは、現在「サーブ9-5」で実用テスト中。実用化されたあかつきには、サーブディーラーで販売するほか、法人顧客の企業や公共団体への導入が検討されている。市販時の予想価格は、約250ユーロ(約3.3万円)になるという。

(webCGオオサワ)

サーブ:
http://www.saab.co.jp/

 
サーブ 、携帯アルコール検知機「Alcokey(アルコキー)」を公開の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。