【スペック】パッソG:全長×全幅×全高=3595×1665×1535mm/ホイールベース=2440mm/車重=930kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4DOHC16バルブ(90ps/6000rpm、12.6kgm/3200rpm)/価格=111万3000円(テスト車=146万3700円/前席サイド&カーテンエアバッグ+ディスチャージヘッドランプ+タコメーター+G-BOOK対応ナビゲーションシステム)

トヨタ・パッソ/ダイハツ・ブーン(4AT/4AT)【短評(前編)】

スーパー日常カー(前編) 2004.06.19 試乗記 トヨタ・パッソ/ダイハツ・ブーン(4AT/4AT)トヨタとダイハツが共同で開発した「トヨタ・パッソ」「ダイハツ・ブーン」。リッターカークラスに投入された入魂作はどうなのか? 『webCG』コンテンツエディターのアオキが、プレス試乗会に参加した。
パッソ&ブーンのパワーステアリングは電動式。車速感応式で、フィールはいい。写真はパッソG Fパッケージ。

パッソ&ブーンのパワーステアリングは電動式。車速感応式で、フィールはいい。写真はパッソG Fパッケージ。
パッソG

パッソG

両社の思惑

「トヨタ・パッソ」「ダイハツ・ブーン」のプレス試乗会が、2004年6月17日、千葉県は幕張のホテルを基点に開催された。
パッソ&ブーンは、「トヨタ・デュエット」「ダイハツ・ストーリア」の後継にあたるモデル。“両社の力を結集させた国内初の共同開発車”である。5ドアボディに、新開発の1リッター直3(71ps)または1.3リッター直4(90ps)を搭載、いずれも4段ATが組み合わされる。両者に、エンブレム以外の違いはない。
これまでのデュエットが、事実上ストーリアのOEM供給車、つまりバッヂだけトヨタ用に変えたモデルだったのと比較して、今回は商品企画の段階からトヨタがからんだのが大きな違い。具体的には、企画、デザインはトヨタが主導し、設計、開発、試験、生産といった“実務”をダイハツが担当したという。

ダイハツとしては、軽自動車からの上級移行組を取り込むクルマが欲しい。トヨタは、自社の製品を持たない軽自動車市場のユーザーを獲得するため、「軽」と「ヴィッツ」の間を埋めるモデルを必要としていた。両者の思惑が合致してつくられたのが、パッソ&ブーンである。
ダイハツ側のチーフエンジニア、相坂忠史製品企画部部長によると、「トヨタ・カローラII(ターセル、コルサ)」のオーナーも潜在顧客だという。なるほど……そういうクルマもありましたなぁ。

「ヴィッツ」のセンターメーターから一転、「日産スカイライン」同様、パッソ&ブーンは、ステアリングコラム上部にメーターが配される。「ステアリングホイールを上下に調整しても、メーターが隠れない」と謳われるが、ちょっと近すぎる。年配の方は、焦点を合わせづらいんじゃないだろうか。ダッシュボード上のタコメーターは、オプション。

「ヴィッツ」のセンターメーターから一転、「日産スカイライン」同様、パッソ&ブーンは、ステアリングコラム上部にメーターが配される。「ステアリングホイールを上下に調整しても、メーターが隠れない」と謳われるが、ちょっと近すぎる。年配の方は、焦点を合わせづらいんじゃないだろうか。ダッシュボード上のタコメーターは、オプション。
極めて短い前後のオーバーハングが特徴だ。

極めて短い前後のオーバーハングが特徴だ。

ニューモデルの基本要件

相坂部長に引き続きお話をうかがう。
−−ストーリアでは、軽からのお客様をとらえきれなかったのですか?
「そういう部分がありました。実際、『マーチ』なり『フィット』なりに流れる方がいた……」
−−何が原因だったのですか?
「セダンライクなクルマに飽き足りなかったということでしょう」
−−ユーザーは“小さなミニバン”を求めていた、と?
「ミニバンとまではいきませんが……。わたくしどもには、『ムーヴ』といったクルマがあるわけです。そこから乗り換えると……。
−−ストーリアでは“広々感”が足りなかった。

“タイトな空間”というフレーズに魅力を感じ、ミニバン的車内空間を“ムダ”と考えるリポーターが、なぜ世間一般の人たちは、そんなに“広々感”を重視するのか、と「コペン」の開発も手がけたチーフエンジニアに疑問を呈すると、相坂さんは、「この手のクルマは、まずファミリーユース、それからシルバー世代の方が主にお乗りになります。1年のうちに何度かは5人乗ることがあるから、とりあえず5名乗車でないといけない」と、ニーズの基本を再確認させてくれた。そして、「そういう方々には、“スポーティな走り”とか“ドライバビリティ”より、乗り降りがラクである、とか、走っているときに普通に会話ができる、といった、日常の使い勝手の方がずっと大切なわけです」と、自動車専門誌のエディターや、スーパーカー世代のクルマ趣味人にとって、まことに厳しい現実を説くのであった。

WiLLサイファ

WiLLサイファ
パッソ

パッソ
ボディカラーは、全9色が用意される。

ボディカラーは、全9色が用意される。

クルマの成り立ち

“日常の使い勝手”という観点から新しいコンパクトカーを観察し、各担当エンジニアの方々から詳細な説明を受けると、パッソ&ブーン、「もうグゥの音も出ません」レベルにまで詰められていた。
ボディサイズは、全長×全幅×全高=3595(-45)×1665(+5)×1535(+35)mm(カッコ内はヴィッツとの比較)。パッソ&ブーンは、車体の前後を圧縮する一方、ヴィッツを上まわる幅と高さ、そして70mmも長い(!)2440mmのホイールベースでキャビンを大きくとって、室内の“広々感”を手に入れた。カタログスペック上の車内体積は、ヴィッツを上まわる。デザインに関しては、トヨタ側が主導権を取ったということだが、グラフィカルな面はともかく、タイヤを四隅に追いやったクルマの成り立ちは「ダイハツ車そのものだ」と思った。

試乗会場に、デザインに携わったトヨタのデザイナーの方がいらしたので、さっそく聞いてみた。
−−パッソの外観には、「WiLLサイファ」の影響があるんでしょうか?
「ありません」
奇抜なサイファで市場調査をしたのち、こなれたデザインのリッターカーを出したのかと勘ぐっていたのだが……。
「どこが似ていると思われたんですか?」と逆に質問されたので、リアビュー。特にリアホイールアーチがリアバンパーにつながるところ、と答えたら、「そうですかねぇ」と首をかしげるのであった。

「イカツかわいい」という、「不思議、大好き。」調のデザインキーワードをもつパッソ&ブーン。張りがあるドアの面、ショルダーに走るシャープなキャラクターラインがことにジマンだそう。カワイすぎて、男子(やシルバー世代)にそっぽ向かれることを巧妙に避けたと見受けられる。
同様に、ボディカラーからも、たとえばベタなピンクやパステル調といった“いかにも”な色は慎重に排された。梅雨の合間の陽光に照らされた「カシスピンクメタリック」「ミントブルーメタリックオパール」「ライムグリーンメタリック」といったペイントは、たしかに魅力的に輝いていた。(つづく)

(文=webCGアオキ/写真=清水健太/2004年6月)

トヨタ・パッソ/ダイハツ・ブーン(4AT/4AT)【短評(後編)】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000015373.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ブーンX“SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.5.30 試乗記 軽自動車で培われたノウハウをどのように生かしているのか? トヨタとの共同開発をやめ、ダイハツ一社が企画から生産までを担って誕生した3代目「ダイハツ・ブーン」。ベーシックな「X“SA II”」グレードを借り出し、その実力を確かめた。
  • トヨタ・パッソ モーダ“Gパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2016.6.9 試乗記 軽よりも少し大きな小型車「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」がフルモデルチェンジ。トヨタ版の上級モデルである「パッソ モーダ」を借り出して、“生活の足”としてのクルマのあり方を考えた。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
ホームへ戻る