【スペック】全長×全幅×全高=4735×1860×1560mm/ホイールベース=2765mm/車重=1700kg/駆動方式=4WD/2.5リッター直5DOHC20バルブターボ・インタークーラー付き(209ps/5000rpm、32.6kgm/1500-4500rpm)/車両本体価格=540万7500円(テスト車=同じ)

ボルボXC70ブラックサファイア(5AT)【ブリーフテスト】

ボルボXC70ブラックサファイア(5AT) 2004.06.18 試乗記 ……540万7500円総合評価……★★★★ボルボのクロスカントリーワゴン「XC70」に、都会的なイメージを狙った特別仕様車「ブラックサファイア」が限定発売された。自動車ジャーナリストの笹目二朗が、装備と走りをチェックする。


引けをとらない実力派

この「ブラックサファイア」と呼ばれる200台の限定車には、専用のブラックメタリックのボディカラーのほか、ブラッククローム仕上げの専用アルミホイール、オフブラックの本革シート、ブラックメッシュアルミパネルをもつ内装、バイキセノンヘッドランプ、フォグランプ、スキッドプレート、パワーシート(ドライバー側)、革巻きシフトノブなどの特別装備品を備える。実質72万円のアップに対して10万5000円のエクストラで販売される。これはたしかにお買い得車である。
本格的SUVである「XC90」の登場でやや影の薄くなった感もあるが、「XC70」は実質的な走行内容においては引けをとらない実力派である。外観は他の「V70」とそれほど変わらない。どちらかと言えば地味目の扮装ながら、一番ボルボのエステートらしい魅力を備えている。
さらにこれにはブラックビューティと言えるシックに洗練された内外装が与えられた。ハイパフォーマンスモデルの「V70R」ほど走りの性能を求めないユーザーにとっては、もっとも魅力的なボルボワゴンか。



【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
ボルボの上級ステーションワゴン「V70」の4WDモデルをベースに、地上最低高を215mmとして、オフロード走破性を高め、クロスカントリー仕様としたのが、「V70XC(クロスカントリー)」。2003年モデルから「XC70」と名称が変えられた。ハルデックス電子制御オール・ホイール・ドライブ+トラクション・コントロールを採用する。エクステリアでは、ボディと色違いのバンパー、サイドプロテクター、オーバーフェンダーが特徴。内装でも、ステッチが目立つ専用シートやコンソール上のハンドグリップなどが与えられる。
(グレード概要)
2004年5月25日に200台限定で発売されたのが「ブラックサファイア」。専用ボディカラーの「ブラックサファイアメタリック」を纏い、ブラッククロームのアルミホイールやブラックメッシュアルミパネルで全身を黒に統一した特別仕様車だ。内装には、オフブラック本革シートや本革巻きシフトノブ、ドライバーズ・パワーシート(8ウェイ)などが奢られる。加えて、通常はオプションのバイキセノンヘッドランプ、フロントフォグランプ、フロントスキッドプレートも標準装備される。
右ハンドル、5段ATのみで、価格ベース比10万5000円高の540万7500円。





写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)…★★★★
ここまでブラック処理すると厭味の領域に入りやすいが、これはメーター縁の細いリングや綺麗な数字、線、そして盤面のゆるやかな凹凸など洗練された処理により、見やすく落ちつける。「R」より大人のクルマを感じさせる。インパネ全体のつくりも、初期モデルより量産効果により精緻で上質感を増し、より高級に見える。ステアリングオフセットなどなければ星5つ、V70シリーズ中のベストか。
(前席)……★★★★
表皮は革ながらクッションは適度にソフトで、体重の重みにあった接触面積を得られるタイプ。よくフィットするから、思ったより滑りは気にならない。サイズ的にもたっぷりしている。電動調整機構も適切で、自在にポジションを選べる。XC70は元々目線が高く、低いシート位置からも前がよく見える。同じ理由で乗り降りも自然で楽々。
(後席)……★★★★
革の滑り感はリアシート(背面)の方が大きいが、畳めるタイプのシートにしては底付き感はなく腰の納まりはよい。前席よりやや高めに座るため、前も比較的よく見え阻害感はない。Cピラーは立ち気味で邪魔にならないし、Bピラー付け根の太さや敷居の高さなど、思ったほど気にならず乗降性もいい。ヘッドクリアランスも十分。
(荷室)……★★★★
床面積は広大。ここだけみてもボルボのワゴンづくりの歴史を感じる。サスペンションの張り出しもすくなめで、有効に使える。開口部は大きく、ワゴンらしく垂直近いバックドアゆえ、積み荷もきっちり入りそうだ。さらにこの角度ならば雨の時の屋根にもなる。大きなテールランプは後方からよく確認され、ボルボらしい造形をみせる。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★★
数値上のパワーは209psと低めだが、よく考えられたATギア比と相まって十分にパワフルであり事実上不満なし。ライトプレッシャーターボエンジンはNAのように自然な感覚があり、しかもパワフルだから、大排気量に頼らなくてもこの大柄なボディを活発に走らせる。SUVという、並のワゴンより重装備なはずのボディは1700kgとライバル各車より軽く仕上がっている。マニュアルシフトも楽しめるATは上々の出来。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★★
若干高められた姿勢は視界のよさを提供してくれ、狭くタイトな林道などでも取りまわしに苦労することはない。ノーマルのV70ほど車幅を感じない。ストローク感のあるサスペンションながらロールもよくチェックされ、フラットな乗り心地と軽快な操縦性を両立させている。大柄なボディながらスポーティな運転感覚をもつ。

(写真=峰昌宏)



【テストデータ】

報告者:笹目二朗
テスト日:2004年6月11日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2004年型
テスト車の走行距離:863km
タイヤ:(前)215/65R16(後)同じ(いずれもピレリ・スコーピオンSTR)
オプション装備:--
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(5):高速道路(5)
テスト距離:239.1km
使用燃料:23.5リッター
参考燃費:10.2km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC70の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る