「日産ティアナ」を一部改良

2004.06.17 自動車ニュース
 

「日産ティアナ」を一部改良

日産自動車は、“モダンリビング”を謳うインテリアをもつセダン「ティアナ」に一部改良を施し、2004年6月16日から販売を開始した。


写真はトップグレードの「350JM」
 

一部改良の主な内容は、プラズマクラスターイオンフルオートエアコンの全車標準化をはじめ、装備を充実させたこと。上級「JM」グレードは、本革巻き木目調ステアリングホイールが標準で備わるほか、特別内装色「アガート」が加わり、本革内装がオプション設定された。
3.5リッターを積むトップレンジ「350JM」は、カーウイングス対応DVDナビゲーションシステムとバックビューモニター、リア電動サンシェードを与え、アッパーミドルセダンらしい装備となった。

装備変更と同時にグレード体系も見直され、3.5リッターは上級「350JM」に一本化。さらに、官公庁、法人向けグレード「230JM F-コレクション」も継続して用意される。価格は、「230JK」(FF/4AT)の236万2500円から、「350JM」(FF/CVT)の340万2000円まで。

(webCGオオサワ)

日産自動車:
http://www.nissan.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ティアナの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ティアナ(後編) 2014.1.20 画像・写真 3代目となる新型「日産ティアナ」の詳細な姿を、写真で紹介する。
  • 日産ティアナにカーナビ標準装備の新グレード 2016.4.4 自動車ニュース 日産の4ドアセダン「ティアナ」に、純正カーナビゲーションシステムを標準装備した新グレード「XVナビAVMパッケージ」「XLナビAVMパッケージ」が登場した。これにともない、ナビ非装着の上級グレード「XV」は廃止となった。
  • 【デトロイトショー2017】トヨタ、新型「カムリ」を世界初公開 2017.1.11 自動車ニュース トヨタが、デトロイトショーで北米市場の最量販モデル「カムリ」の新型を世界初公開。8代目となる新型には「プリウス」などに続いて「TNGA」世代の新プラットフォームを採用。日本市場については2017年夏ごろの導入を予定している。
  • 第388回:全方位的に進化した「マツダCX-5」
    主査に聞く新型の見どころ
    2016.12.21 エッセイ 2016年11月のロサンゼルスオートショーでデビューした新型「マツダCX-5」が、いよいよわれわれの前に現れた。「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに開発された新型に込められた思いを、児玉眞也主査に聞いた。
  • 「レクサスHS」に安全装備を強化した特別仕様車 2016.12.15 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年12月15日、レクサスブランドのハイブリッドセダン「HS」に特別仕様車「Harmonious Style Edition」を設定し、2017年1月16日に発売すると発表した。HS250hをベースに、専用内外装が与えられたほか、安全装備の充実が図られている。価格は450万円。
ホームへ戻る