「日産ティアナ」を一部改良

2004.06.17 自動車ニュース
 

「日産ティアナ」を一部改良

日産自動車は、“モダンリビング”を謳うインテリアをもつセダン「ティアナ」に一部改良を施し、2004年6月16日から販売を開始した。


写真はトップグレードの「350JM」
 

一部改良の主な内容は、プラズマクラスターイオンフルオートエアコンの全車標準化をはじめ、装備を充実させたこと。上級「JM」グレードは、本革巻き木目調ステアリングホイールが標準で備わるほか、特別内装色「アガート」が加わり、本革内装がオプション設定された。
3.5リッターを積むトップレンジ「350JM」は、カーウイングス対応DVDナビゲーションシステムとバックビューモニター、リア電動サンシェードを与え、アッパーミドルセダンらしい装備となった。

装備変更と同時にグレード体系も見直され、3.5リッターは上級「350JM」に一本化。さらに、官公庁、法人向けグレード「230JM F-コレクション」も継続して用意される。価格は、「230JK」(FF/4AT)の236万2500円から、「350JM」(FF/CVT)の340万2000円まで。

(webCGオオサワ)

日産自動車:
http://www.nissan.co.jp/

関連キーワード:
ティアナ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • 日産シルフィ G(FF/CVT)【試乗記】 2013.3.6 試乗記 日産シルフィ G(FF/CVT)
    ……238万9800円

    日本におけるコアターゲットは「60代の、妻とふたり暮らしの男性」。長年セダンを乗り継いできた熱心なオーナーへ向け、日産がささげる「アガリの一台」は、どのようなクルマに仕上がっているのか。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る