フォード「フォーカスEURO+(ユーロプラス)」を発売

2004.06.17 自動車ニュース
 

フォード「フォーカスEURO+(ユーロプラス)」を発売

フォードジャパンリミテッドは、「フォーカス」の1.6リッターモデルに、6連奏CDチェンジャーやフォグランプなどの装備を充実させた「ユーロプラス」を設定。2004年6月16日から販売を開始した。


ボディカラー「ムーンダストシルバーメタリック」「インクブルーメタリック」「ビトロシルバーメタリック」「コロラドレッド」の4色。インテリアはブラックのみ。
 

ユーロプラスは、標準でインダッシュ6連奏CDチェンジャーやアルミホイール、前後フォグランプなど、「1600GHIA」並の装備内容を誇りつつ、価格が1600GHIAより12.0万円抑えた214.2万円のエントリーグレード。これにより、「1600GLX」と「1600GHIA」は、ラインナップから落とされた。

フォードは“ヨーロッパカーライン” として、「モンデオ」「フォーカス」「フィエスタ」の欧州フォード車を日本のマーケティング戦略の中核にすえた。2004年春に導入した新型「フィエスタ」に続き、フォーカスユーロプラスを投入することで、商品強化を図る。

(webCGオオサワ)

フォードジャパンリミテッド:
http://www.ford.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • 第10回:「フィエスタ日常劇場」にする?
    日常劇場番外編~フィエスタに一週間乗ってみて
    2016.2.3 フォード・フォーカス日常劇場<PR> ちょい乗りのつもりが、結局「フォード・フィエスタ1.0エコブースト スポーツアピアランス」と一週間も過ごしてしまった。小さなボディーならではの、街中での取り回しの良さや小気味いい走りに、すっかり夢中になってしまったからである。
  • 第8回:フィエスタってどんなクルマ?
    日常劇場番外編~弟分にちょい乗りしてみた
    2016.1.29 フォード・フォーカス日常劇場<PR> そのクルマを深く知りたければ、あえてちょっと離れてみるのも手であろう。というわけで、今回はいきなりの番外編。弟分の「フィエスタ」に乗ってみた。実はフォーカスに乗るようになってから、ずっとこのクルマのことが気になっていたのだ。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その27) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フォードのブースを画像で紹介する。
ホームへ戻る