第139回:フォード・フィエスタ試乗 俺にはさっぱりわかりません、このクルマ!

2004.06.14 小沢コージの勢いまかせ!

第139回:フォード・フィエスタ試乗 俺にはさっぱりわかりません、このクルマ!

 
第139回:フォード・フィエスタ試乗 俺にはさっぱりわかりません、このクルマ!の画像
 
第139回:フォード・フィエスタ試乗 俺にはさっぱりわかりません、このクルマ!の画像

■俺がオカシイのかな?

それからフォード・フィエスタにも乗ってみました。マツダ・デミオとプラットフォームを同じくするっていう、ヨーロッパ・フォードのコンパクトカーね。他のインプレッション記事みると「しっかりしてる」とか「骨太」とか書いてあったクルマなんだけど……。

正直、俺にはどこがどういいんだかサッパリわかりませんでした。デザインは凡庸だし、室内のクオリティなんて一時の韓国車のよう。ドアの開け閉め音からして「バタン」としまりがないし。走り出してもそれほどボディ剛性とか、しっかり感とか感じられない。道路の継ぎ目を越える時も「ドン、ドン」とユルい振動が入ってくる。エンジンの音もカラカラと安っぽい。インテリアデザインもね。フォーカスみたいな「ニューエッジデザイン」は感じられないし、エクステリアもそれは同じ。

 
第139回:フォード・フィエスタ試乗 俺にはさっぱりわかりません、このクルマ!の画像
【スペック】
1600GHIA:全長×全幅×全高=3915×1685×1445mm/ホイールベース=2485mm/車重=1130kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(100ps/6000rpm、 14.9kgm/4000rpm)/車両本体価格=195万8250円
【スペック】
	1600GHIA:全長×全幅×全高=3915×1685×1445mm/ホイールベース=2485mm/車重=1130kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(100ps/6000rpm、 14.9kgm/4000rpm)/車両本体価格=195万8250円

どこがいいんでしょうか、コレ? 俺がオカシイのかなぁ……。
シートが特別いいわけでも、色がいいわけでもないしなぁ。値段も輸入車としては安いけど、絶対的には安くないし、ブランドイメージもイマイチ。
普通のクルマっていえば確かに普通で、特別悪くもない。でも申し訳ないけど、個人的にはまったく興味ありませんね。

(文と写真=小沢コージ/2004年6月)

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 
  • ジュネーブショー2017の会場から(その27) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フォードのブースを画像で紹介する。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • フォード・フォーカス(FF/6AT)【海外試乗記】 2015.9.30 試乗記 ビッグマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。新たに搭載された1.5リッターの“エコブースト”エンジンや、設定が見直されたサスペンションの仕上がり具合を、国内での発売を前に、オーストラリアのアデレードで試す。
ホームへ戻る