インディカー第5戦、カナーンが優勝

2004.06.14 自動車ニュース
 

インディカー第5戦、カナーンが優勝

IRLインディカーシリーズ第5戦決勝が、2004年6月12日、米テキサス州のテキサス・モーター・スピードウェイ(1.5マイルオーヴァル/約2.4km)を200周して行われた。トニー・カナーンが、第2戦フェニックスに次ぐ今シーズン2勝目、また好調続くホンダエンジンは4回目の勝利を記した。


テキサスのスーパースピードウェイを舞台にしたナイトレースで、トニー・カナーンが今シーズン2回目の勝利を手にした。ポディウムで、カウボーイハットを被り喜びをあらわすカナーン。(写真=本田技研工業)
 

2列目インサイドからスタートしたカナーンは、チームメイトでポールシッターのダリオ・フランキッティを0.2578秒差で抑え優勝した。
2位フランキッティ、3位にシボレーユニット搭載マシンを駆ったアレックス・バロンというトップ3。トヨタエンジン搭載車は、4位サム・ホーニッシュJr.が最上位だった。

高木虎之介は、タイヤ交換中にトラブルが発生。さらにエンストを起こしてしまい結局10位完走。予選4位からスタートした松浦孝亮は、98周目から8周にわたってトップを走行するも、燃料系トラブルにより140周でリタイアした。

ドライバーズランキングは、カナーンが210点で首位。今回13位に終わったダン・ウェルドンが175点で2位と、ホンダユーザーがトップ2を占める。トヨタランナーのエリオ・カストロネベスが146点で3位についている。

次戦決勝は6月26日、ヴァージニア州リッチモンドで開かれる。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。