ルマン24時間、チームゴウが悲願の初優勝!

2004.06.13 自動車ニュース

ルマン24時間、チームゴウが悲願の初優勝!

第72回ルマン24時間レースが、2004年6月13日にゴールを迎えた。24時間の激闘の末、勝利をつかんだのは、アウディスポーツ・ジャパン・チームゴウのNo.5アウディR8(荒聖治/トム・クリステンセン/リナルド・カペッロ組)。チームゴウにとっては8度目の挑戦で得た初の栄冠、クリステンセンにとっては前人未到の5連覇、ジャッキー・イクスの最多勝記録である6勝に並ぶ快挙となった。また荒は、1995年の関谷正徳に次ぐ、日本人ルマンウィナーとなった。

2位はNo.88のアウディ(ジェイミー・デイヴィス/ジョニー・ハーバート/ガイ・スミス組)、3位にはNo.2のアウディ(JJ.レート/マルコ・ベルナー/エマヌエーレ・ピッロ組)と、下馬評通りアウディが上位を席巻した。

16時間を過ぎた時点までトップを走り続けたNo.88アウディのリアサスペンションにトラブルが発生。その間、序盤のパンクで出遅れていたチームゴウのR8が首位に浮上した。

その後No.88が猛追し、終盤は元F1ドライバーのハーバートと荒との間で、同一周回での激闘が繰り広げられた。4秒速いタイムで追い上げるハーバートだったが、荒がドライブするR8には結局届かず、チームゴウが悲願の初優勝を飾った。

ウィニングマシンは、1周13.65kmのサルト・サーキットを379周し約5173kmを走破。ゴール時点でトップと2位との差は、僅か41秒だった。

(文=webCG 有吉/写真=M.G.S)

 
ルマン24時間、チームゴウが悲願の初優勝!の画像

君が代が流れた表彰式。写真中央は、シャンパンファイトでチームメイトと喜びをわかちあう荒。
 

	君が代が流れた表彰式。写真中央は、シャンパンファイトでチームメイトと喜びをわかちあう荒。
	 

ADVAN KONDO RacingのNo.9童夢無限(加藤寛規、道上龍、福田良組)は、エンジンとトランスミッションをつなぐあたりのケースにひびが入るトラブルでリタイアした。「修復して走ることは可能だけど、前半の走りで自分たちの力は十分にアピールできた。何時間もかけて修復して走ることでその印象を薄めるよりは、潔くリタイアを決断しました」と語ったのは近藤真彦監督。
 

	ADVAN KONDO RacingのNo.9童夢無限(加藤寛規、道上龍、福田良組)は、エンジンとトランスミッションをつなぐあたりのケースにひびが入るトラブルでリタイアした。「修復して走ることは可能だけど、前半の走りで自分たちの力は十分にアピールできた。何時間もかけて修復して走ることでその印象を薄めるよりは、潔くリタイアを決断しました」と語ったのは近藤真彦監督。
	 

GTクラスは、デイル・ホワイトのポルシェGT3が優勝。チョロQレーシングチーム(黒澤治樹、西澤和之、織戸学組/写真)は、初参戦ながらクラス2位でレースを終えた。
 

	GTクラスは、デイル・ホワイトのポルシェGT3が優勝。チョロQレーシングチーム(黒澤治樹、西澤和之、織戸学組/写真)は、初参戦ながらクラス2位でレースを終えた。
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。