【スペック】1.6:全長×全幅×全高=4505×1775×1505mm/ホイールベース=2685mm/車重=1330kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(113ps/6000rpm、15.5kgm/4200rpm)/車両本体価格=246万7500円(テスト車=同じ)

ルノー・メガーヌツーリングワゴン1.6(4AT)【短評(後編)】

メガーヌワゴンの第一印象(後編) 2004.06.12 試乗記 ルノー・メガーヌツーリングワゴン1.6(4AT)……246万7500円フロアパネルをストレッチして後席の居住性を上げ、リアオーバーハングを伸ばしてクラス最大級の荷室を確保した「ルノー・メガーヌツーリングワゴン」。試乗した『webCG』コンテンツエディターのアオキは、しかし……。
1.6リッターモデルの内装
 
1.6リッターモデルの内装
	 
1.6リッター直4ツインカム16バルブ。可変バルブタイミング機構を備え、113ps/6000rpmの最高出力と15.5kgm/4200rpmの最大トルクを発生する。
 
1.6リッター直4ツインカム16バルブ。可変バルブタイミング機構を備え、113ps/6000rpmの最高出力と15.5kgm/4200rpmの最大トルクを発生する。
	 

 
ルノー・メガーヌツーリングワゴン1.6(4AT)【短評(後編)】の画像

いまひとつのドライブフィール

日本への正式輸入が始まった「ルノー・メガーヌツーリングワゴン」。文句ないパッケージングと比較して、運転してみた第一印象は、いまひとつパッとせなんだ。まずは、ハッチバックを試乗したときにも感じたどこか曖昧なステアリングフィールが、個人的にはどうもなじめない。

1.6リッター直4DOHC16バルブは可変バルブタイミング機構を備え、113ps/6000rpmの最高出力と15.5kgm/4200rpmの最大トルクを発生。しかも2000rpmで最大トルクの90%を得るという立派なスペックを誇るのだが、試乗会が開催された横浜の丘をドライブしていると、ときに「必要十分」と言い切れない痛痒感があった。この日は、カメラマンとの2名乗車だったが、520リッターのラゲッジスペースをフル活用したら「どうなっちゃうのか」と、ちょっぴり心配。
原因のひとつは、いま一歩シフトプログラムに洗練が足りない4段ATにある、と思う。シフターを前後することでギアを変えるマニュアルモードを備えた「プロアクティブ4AT」はしかし、ごく一般的なドライバーがそうであるように「D」レンジに入れたまま走ると、停車前のシフトダウンでのショックが大きく、また上り坂での加速時などにポジションを“迷う”ことがある。
ドライバーの意図を読むかのようにシフトダウンし、ギアを上げる“オートマニッポン!”のクルマに慣れ親しんでいると、すこしずつ小さな不満が蓄積する。本場ヨーロッパと比較すると、2ケタも販売台数がすくない日本市場のために、「右ハンドル+オートマ」モデルを用意してくれただけで“恩の字”とも言えますが……。

もっとも、5ドアハッチに続いてメガーヌワゴンをわが国でリリースするにあたり、シフト関係のソフトウェアに若干の変更が加えられた、とルノージャポンのスタッフは語っていたから、今後に期待できるかもしれない。同郷のライバル「プジョー」のATが、どんどんスムーズになっていったように。

メガーヌツーリングワゴン2.0
 
メガーヌツーリングワゴン2.0
	 
触れただけで機能がわかる……ことを目指した「タッチデザイン」コンセプトがとられたインテリア。独特の形状のパーキングブレーキは、「エアプレーンタイプ」と名付けられた。
 
触れただけで機能がわかる……ことを目指した「タッチデザイン」コンセプトがとられたインテリア。独特の形状のパーキングブレーキは、「エアプレーンタイプ」と名付けられた。
	 

カングーとメガーヌ

日本におけるルノー車の販売は、昨2003年1-4月が754台。今年04年の同月間が1210台と、輸入車市場全体が厳しいなか善戦している。メガーヌツーリングワゴン1.6の試乗に先立ち、ルノージャポンのアラン・レーマン社長とお話することができた。

−−日本では、「カングー」とメガーヌが販売の牽引役というのがおもしろいですね。
レーマン:そう。カングーは日本にない類のクルマです。キャラクターが強くてわかりやすい。
−−メガーヌとの顧客層の違いは?
レーマン:カングーは、「コレ!」と決めていらっしゃるお客さまが多いですが、メガーヌは、ほかの輸入車と比較するようです。「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に乗っていた方が見に来たりします。
−−日本仕様のメガーヌツーリングワゴンは、ずいぶんスポーティな内装を選びましたね。
レーマン:はい。どちらかというと若者向けに、ダイナミックなイメージを押し出したかったからです。
−−このあと、マニュアルモデルも導入されるとか?
レーマン:そうです。もちろん、もっとルノー車を売りたい、という理由があります。選択肢を広げたい、と。いまでも、マニュアルモデルを選ぶお客さまは、2割もいらっしゃるのですよ。

最上級「2.0プレミアム」の革内装
 

彼我の差

「2割も!」と驚いたあと、リポーターが僭越にも、「ルノーはヨーロッパでは大衆的な大メーカーですが、日本では、まず個性的なニッチモデルで認知度を上げるのが大事だと思います」と、カングーやMTモデルの正式輸入に賛意を示すと、「そうです!、そうです!!」と、ルノージャポンの社長は笑うのであった。
昨2003年に60万台弱を売った欧州Cセグメントにおけるベストセラー、メガーヌシリーズをしてニッチなモデルとして、また、本国ではデフォルト扱いのマニュアルモデルをあたかもスペシャルなスポーティバージョンのようにとらえるのは何だか妙なものだが、彼我の自動車事情の違いとして興味深くはある。まぁ、そのギャップが、輸入車に乗る醍醐味ともいえますが。

今年2004年の10月には、メガーヌのルノースポールバージョン(2リッターターボ225ps+6MT)と、ノーマル2リッターのやはり6MTモデル、12月には1.6+5MT、そして来2005年初頭にはオープンモデルが入る予定だという。楽しみである。

(文=webCGアオキ/写真=ルノージャポン/2004年6月)

ルノー・メガーヌツーリングワゴン1.6(4AT)【短評(前編)】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メガーヌエステートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・メガーヌ エステートGTライン(FF/6AT)【試乗記】 2014.12.16 試乗記 「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデルに、高効率をうたう1.2リッターターボエンジン搭載車が登場。小さなパワーユニットがもたらす走り、燃費、そして乗り心地などを報告する。
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • ポルシェ911 RSR 2016.11.17 画像・写真 ポルシェはLAオートショー2016でミドシップのレーシングカー「911 RSR」を発表した。同車は米IMSAウェザーテック選手権や、ルマン24時間を含めたFIA世界耐久選手権(WEC)に参戦する。2017年1月のデイトナ24時間でデビューの予定。
  • ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。
ホームへ戻る