【スペック】1.6:全長×全幅×全高=4505×1775×1505mm/ホイールベース=2685mm/車重=1330kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(113ps/6000rpm、15.5kgm/4200rpm)/車両本体価格=246万7500円(テスト車=同じ)

ルノー・メガーヌツーリングワゴン1.6(4AT)【短評(前編)】

メガーヌワゴンの第一印象(前編) 2004.06.11 試乗記 ルノー・メガーヌツーリングワゴン1.6(4AT)……246万7500円2004年6月9日からわが国でも販売が始まった「ルノー・メガーヌツーリングワゴン」。プラットフォームをストレッチして、クラス最大級の荷室を持つボディを載せたフレンチワゴンはどうなのか? 『webCG』コンテンツエディターのアオキが“ちょい乗り”した。
衝突安全テストの成績がよいのが、ルノーのジマン。「ユーロNCAP」において、「メガーヌ」「ラグナ」「ヴェルサティス」「エスパス」「セニック」が最高評価の5ツ星を得た。メガーヌワゴンには受動安全装備として、衝撃の度合いによって2段階の大きさに展開される「前席ダブルエアバッグ」はじめ、「前席&後席サイドエアバッグ」「カーテンエアバッグ」が全グレードに標準装備される。
 
衝突安全テストの成績がよいのが、ルノーのジマン。「ユーロNCAP」において、「メガーヌ」「ラグナ」「ヴェルサティス」「エスパス」「セニック」が最高評価の5ツ星を得た。メガーヌワゴンには受動安全装備として、衝撃の度合いによって2段階の大きさに展開される「前席ダブルエアバッグ」はじめ、「前席&後席サイドエアバッグ」「カーテンエアバッグ」が全グレードに標準装備される。
	  拡大
2リッター直4DOHC16バルブユニット。可変バルブタイミング機構を備え、133ps/5500rpmの最高出力と、19.5kgm/3750rpmの最大トルクを発生する。
 
2リッター直4DOHC16バルブユニット。可変バルブタイミング機構を備え、133ps/5500rpmの最高出力と、19.5kgm/3750rpmの最大トルクを発生する。
	  拡大

分けられた性格

5ドアハッチはちょっと洒落者に、より実用を求める向きにはワゴンが供される、というのが、日本における「ルノー・メガーヌ」のいき方となろう。
2004年6月9日、メガーヌツーリングワゴンが発売された。

同ワゴンは、ハッチバックモデルよりリアのオーバーハング(後輪より後ろの部分)を230mm延長し、荷室を拡大したモデル。それだけでなく、ホイールベースも60mmストレッチされ、リアシートの前後シート間隔が広げられている。クリフカット風の直立したリアガラスと、丸みを帯びた魅力的なオシリを失ったかわりに、後席の高い居住性(ハッチバック比+55mm)と、クラストップレベルのラゲッジスペース(520リッター/VDA法)を得たわけだ。前衛的なデザインでショックを与えたハッチバックモデルと、骨格から性格が分けられた。
メガーヌワゴンのボディサイズは、全長×全幅×全高=4505×1775×1505mm。日本車でいうと、「トヨタ・カルディナ」に近い。新型カルディナ、あまり街で見かけませんが……。

正規輸入されるのは、1.6(113ps)と2リッター(133ps)の直4エンジン2種で、トランスミッションはいずれも4段ATとなる。ステアリングホイールの位置は、右のみ。
価格は、1.6が246万7500円、2.0が281万4000円。そして2.0にレザー内装を与えた2.0プレミアムには、307万6500円のプライスタグが付けられる。

17インチのアルミホイールを履く「2.0プレミアム」。1.6リッターモデルは15インチのカバー付き、2.0は16インチアルミとなる。
写真をクリックすると、リアガラスだけが開いた写真を見られます。
 
17インチのアルミホイールを履く「2.0プレミアム」。1.6リッターモデルは15インチのカバー付き、2.0は16インチアルミとなる。
	写真をクリックすると、リアガラスだけが開いた写真を見られます。
	  拡大
メガーヌワゴンのラゲッジルームは520リッター(VDA法)。リアシートを折り畳むと、1600リッターまで拡大することができる。
 
メガーヌワゴンのラゲッジルームは520リッター(VDA法)。リアシートを折り畳むと、1600リッターまで拡大することができる。
	  拡大

謳い文句そのままに

神奈川県は横浜で開催されたプレス試乗会で、短時間ながら1.6リッターモデルに乗ることができた。
個性的な顔とはうらはらに(?)、Aピラーからは、長いルーフラインがリアに向かって素直に延びる。サイドウィンドウのグラフィックを工夫することで、つまり窓上端のラインをルーフより強く下降させることで、クルマが鈍重に見えることを防いでいる。「退屈へのレジスタンス」は少々弱まった印象だが、全体にイヤ味のないシルエットだ。ルーフレールは標準装備。

最新ワゴンらしく、リアガラスはハッチゲートとは別に、個別に開閉することができる。ハッチゲートにオープナーが2つ並んで用意され、ガラスハッチを開けると、ゲートは開かないようになっている。
リアガラスをパタパタした後、いざハッチゲートを開けてみると、なるほど、荷室は広い。広いだけでなく、フロアが低く、バンパーとの段差がごく小さいことは、重いモノを積むときに助かるだろう。ホイールハウスほかの、側面からの張り出しが抑えられているのもいい。もちろん、搭載物を直接人目にさらさないためのトノカバーは、標準で装備される。

ラゲッジスペースに感心し、もうひとつの目玉、後席をチェックしてみると、これまたなるほど、実用度がグッと上がっていた。ハッチバックでは少々苦しかった膝前空間に余裕がある。ヘッドクリアランスも問題ない。ふんわり包まれ感のあるシートは座り心地よく、シートバックは立ち気味で、背筋を伸ばした姿勢を取ることができる。センターシートもすこし着座位置が高くなるが、十分“使える”シートだ。(つづく)

(文=webCGアオキ/写真=ルノージャポン/2004年6月)

ルノー・メガーヌツーリングワゴン1.6(4AT)【短評(後編)】

関連キーワード:
メガーヌエステートルノー試乗記

あなたにおすすめの記事