「ホンダ・フィット」マイナーチェンジ

2004.06.11 自動車ニュース

「ホンダ・フィット」マイナーチェンジ

本田技研工業は、コンパクトカー「フィット」に、5段マニュアル車を追加するなどマイナーチェンジを施し、2004年6月11日に発売した。

改良の内容は、内外装の変更、機能性、燃費の向上などである。
一部グレードで前後バンパーやフロントグリルの意匠変更、専用エアロフォルムバンパーの採用などを行った。またインテリアでは、インストゥルメントパネル、ドアトリム、ステアリングホイール、ルーフライニングなどのカラーを変え、より明るい雰囲気とした。

さらに1.3リッターエンジン搭載「1.3Y」「1.3A」(FF)は、エンジンなどの高効率化により燃費が24km/リッターに、「1.5A」(FF)では20.5km/リッターとなった。

全車で「平成22年度燃費基準+5%レベル」をクリアするとともに、平成17年排出ガス規制に適合。1.3リッターエンジン車は「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(★★★★低排出ガス車)」認定を、また1.5リッターモデルは「平成17年排出ガス基準50%低減レベル(★★★低排出ガス車)」認定をそれぞれ取得し、グリーン税制の優遇措置を受けることができるようになった。

「1.5W」「1.5S」のFFモデルに、5段マニュアルトランスミッション仕様が加わったこともニュースだ。

価格は、112万3500円から174万3000円まで。助手席が回転し乗降性を高めた福祉車両「助手席回転シート車」も、129万7800円より用意される。

(webCG 有吉)

本田技研工業「フィット」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/fit/

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る