「ホンダ・フィット」マイナーチェンジ

2004.06.11 自動車ニュース

「ホンダ・フィット」マイナーチェンジ

本田技研工業は、コンパクトカー「フィット」に、5段マニュアル車を追加するなどマイナーチェンジを施し、2004年6月11日に発売した。

改良の内容は、内外装の変更、機能性、燃費の向上などである。
一部グレードで前後バンパーやフロントグリルの意匠変更、専用エアロフォルムバンパーの採用などを行った。またインテリアでは、インストゥルメントパネル、ドアトリム、ステアリングホイール、ルーフライニングなどのカラーを変え、より明るい雰囲気とした。

さらに1.3リッターエンジン搭載「1.3Y」「1.3A」(FF)は、エンジンなどの高効率化により燃費が24km/リッターに、「1.5A」(FF)では20.5km/リッターとなった。

全車で「平成22年度燃費基準+5%レベル」をクリアするとともに、平成17年排出ガス規制に適合。1.3リッターエンジン車は「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(★★★★低排出ガス車)」認定を、また1.5リッターモデルは「平成17年排出ガス基準50%低減レベル(★★★低排出ガス車)」認定をそれぞれ取得し、グリーン税制の優遇措置を受けることができるようになった。

「1.5W」「1.5S」のFFモデルに、5段マニュアルトランスミッション仕様が加わったこともニュースだ。

価格は、112万3500円から174万3000円まで。助手席が回転し乗降性を高めた福祉車両「助手席回転シート車」も、129万7800円より用意される。

(webCG 有吉)

本田技研工業「フィット」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/fit/

 
「ホンダ・フィット」マイナーチェンジの画像

関連キーワード:
フィットホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • ホンダ・フィットRS Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 6段MTも用意される「ホンダ・フィット」のスポーティーグレード「RS Honda SENSING」。各所に施されたオレンジのアクセントなど、他のグレードとは趣を異にするそのデザインを、ホンダアクセスの用品装着車とともに紹介。
  • ホンダ・グレイス ハイブリッドEX モデューロパーツ装着車(FF/7AT) 2017.9.13 ホンダ・グレイスで試すModuloの神髄<PR> ホンダの純正アクセサリーブランド「Modulo(モデューロ)」のアイテムが装着された、白い「ホンダ・グレイス」。このクルマが持つ、落ち着いた乗り味と爽快な走りを支えるものとは? 上質なヨーロピアン・ライドを追求する“モデューロの哲学”の源泉を探った。
  • ホンダ・フィットRS(FF/MT)【試乗記】 2013.11.13 試乗記 登場以来、好調な売れ行きが伝えられるホンダの人気コンパクトカー「フィット」。そのスポーティーモデル「RS」の走りをじっくりと検証した。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
ホームへ戻る