「スバル・インプレッサ」一部改良

2004.06.10 自動車ニュース

「スバル・インプレッサ」一部改良

富士重工業は、「スバル・インプレッサ」シリーズの一部を改良し、2004年6月8日に発売した。あわせて新グレードを追加設定しリリースした。

シャシー、エンジン各性能の強化など、運動性能にこだわりを見せるスバルならではの改良。さらに、装備の充実、機能性アップなども図られた。

セダン「WRX STi」においては、ホイール取り付け部の剛性をアップ。リム幅を0.5インチ、タイヤ幅を10mmそれぞれ拡大するなどし、旋回性能、操縦安定性の向上を図った。さらにエンジンのインタークーラーのタンク形状を変更することで冷却効率を高めるなどした。

他グレードでは、「15i」のフロアマットをブラック基調とし、また「15i-s」に「WRX」シリーズと同じフロントシートを与えるなどした。

価格は、セダンが125万7900円から339万1500円まで、ワゴンは125万7900円から257万5650円まで。

新グレードの名は、スポーティでカジュアルな装備を持つ「15i-Limited」。フロントフォグランプやUVカット機能付き濃色ガラス、175/70R14タイヤ&14インチアルミホイール、フロントスポーティタイプシートなどが備わる。
セダン、ワゴンとも、133万1400円から161万8050円まで。

(webCG 有吉)

富士重工業「スバル・インプレッサ」:
http://www.subaru.co.jp/impreza/

 
「スバル・インプレッサ」一部改良の画像

「スバル・インプレッサスポーツワゴン15i-S」
 

	「スバル・インプレッサスポーツワゴン15i-S」
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • 【ジュネーブショー2017】スバル、クロスオーバーモデルの新型「XV」を世界初公開 2017.1.23 自動車ニュース 富士重工業が、クロスオーバーモデルの新型「スバルXV」を、第87回ジュネーブショーで世界初公開すると発表した。日本での受注開始は3月9日の予定で、スバルでは特設ウェブサイトで順次情報を公開していくとしている。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【レビュー】
    2016.7.14 試乗記 STIが手がけた、スポーツワゴン「スバル・レヴォーグ」の最上級グレード「STI Sport」。これまでのようなカスタマイズカーや特別仕様車としてではなく、メーカーがライン生産する“カタログモデル”として登場したSTIの実力を試す。
ホームへ戻る